記事一覧

サラリーマンである私が投資をする目的と投資のスタンス

「RYUの投資日記」へようこそ!このブログはサラリーマンである私が日々の投資について綴るものです。ここでは個別の記事の前提となる私が投資をする目的とスタンスについて紹介します。■投資の目的①収入の分散少しでもサラリー以外の収入があるのが精神衛生上よろしいです。とはいえサラリーが収入の中心なので、仕事は頑張りますよ~②支出の代替 →関連記事はこちら後述しますが、私の投資先のメインは株主優待がある会社です。...

続きを読む

千趣会 業績は回復傾向

千趣会は「ベルメゾン」を展開するカタログ、ネット主体の通販大手。買付日 : 2017年6月数量 : 100株取得単価 : 803円今回は業績と株主優待について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 43,888百万円(△23.3%)■営業利益 559百万円(-%)■当期利益 7,900百万円(-%)・ベルメゾン事業の事業規模の適正化、子会社の連結除外により減収・原価率の大幅改善および販管費の減少により、営業黒字化固定資産売却、投資有価証...

続きを読む

インヴィンシブル投資法人 国内ホテル18物件を取得

インヴィンシブル投資法人はホテルと住居を中心とした総合型REIT。買付日 : 2018年2月数量 : 1口取得単価 : 46,950円 ※NISA口座を利用今回は第32期資産運用報告について紹介します。2019年6月に資産入替の一環として住居2物件を譲渡しています。売却価格399億円に対し、111億円の譲渡益が発生しました。当期末後の7月には6年連続となるグローバル・オファリングにより新投資口を発行しています。上記住居2物件の売却代金及び借...

続きを読む

すかいらーくホールディングス 経営課題は?

すかいらーくはファミレス最大手、主力業態は「ガスト」。買付日 : 2016年4月数量 : 100株取得単価 : 1,394円 ※NISA口座を利用今回は株主通信vol.6と株主優待について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 187,485百万円(+4.5%)■営業利益 11,097百万円(+7.5%)■当期利益 5,358百万円(+6.0%)・既存店売上高は前年比+2.7%、新規出店40店舗により増収・新規出店による人件費・費用増を吸収し増益経営課題として株主...

続きを読む

ガンホー・オンライン・エンターテイメント TEPPEN

ガンホーはスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」が収益の柱。PCオンラインゲーム、家庭用ゲームも展開。買付日 : 2014年1月、2014年10月数量 : 50株取得単価 : 6,170円今回は「GungHo Business Report Vol.30」について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 58,677百万円(+37.4%)■営業利益 20,439百万円(+67.1%)■当期利益 13,338百万円(+75.5%)・パズドラ及びRagnarok Mの貢献によりYoYでは増収・増収影響、広告宣...

続きを読む

東武住販 新店舗により販売増

東武住販は山口、福岡県を地盤に中古住宅の再生販売事業を展開。買付日 : 2015年4月数量 : 100株取得単価 : 796円今回は業績と株主優待について紹介します。2019年5月期(4Q)■売上高 7,128百万円(+7.4%)■営業利益 588百万円(+0.9%)■当期利益 412百万円(+4.9%)・販売件数が前期比+37件で増収・売上高増加が経費の増加を吸収販売件数の増加は新店効果があります。飯塚店は+5件、苅田店は+19件となっています。売上総...

続きを読む

スペース サービス分野の売上が増加

スペースは商業施設中心のディスプレー企画、設計、施工会社。買付日 : 2014年12月数量 : 110株取得単価 : 1,145円 ※NISA口座を利用今回はCorporate Report 2019.9について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 23,181百万円(-%)■営業利益 1,764百万円(-%)■当期利益 1,206百万円(-%)・ホテル関連施設や教育関連・冠婚葬祭施設といったサービス分野の売上が増加・人材開発やIT関連投資の増加も、外注費率抑制によ...

続きを読む

アークランドサービスHD 幸楽苑ホールディングスと業務提携

アークランドサービスHDはカツ丼専門店「かつや」を直営、FCで展開。からあげ育成中。買付日 : 2018年2月数量 : 100株取得単価 : 2,168円今回は業績と株主優待について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 15,901百万円(+9.9%)■営業利益 2,177百万円(+9.8%)■当期利益 1,217百万円(△4.1%)・からやまが増収を牽引・増収により営業増益増収の内訳はかつや(国内)+394百万円、からやま・縁(国内)+1,089百万円となって...

続きを読む

Casa 家主ダイレクト

Casaは家賃債務保証独立系大手。買付日 : 2019年5月数量 : 100株取得単価 : 1,020円今回は業績と株主優待について紹介します。2020年1月期(2Q)■売上高 4,642百万円(-%)■営業利益 711百万円(-%)■当期利益 464百万円(-%)・取引社数、取扱店舗数、新規契約数が順調に増加・貸倒引当金割合が減少2Qから連結財務諸表を作成しているため、決算短信に前期比は記載されていません。連結で2→3社になっても関係ないのであれ...

続きを読む

ヤマハ発動機 コミュニケーションプラザ

ヤマハ発動機は楽器のヤマハから発祥。2輪で世界大手、船舶等に多角化。買付日 : 2014年8月数量 : 100株取得単価 : 1,939円今回は第85期中間報告書について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 855,928百万円(+0.5%)■営業利益 69,019百万円(△16.1%)■当期利益 52,195百万円(△8.4%)・ランドモビリティで若干苦戦もマリンの好調により微増収・ロボティクス事業は米中貿易摩擦影響を受け減益金融サービスは前年のブ...

続きを読む

岡部 米国工場の一時的操業停止の影響続く

岡部は建設向け仮設・型枠、構造機材が柱。買付日 : 2017年11月数量 : 100株取得単価 : 998円 ※NISA口座を利用今回は第76期中間株主通信について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 31,821百万円(+3.3%)■営業利益 2,506百万円(+4.9%)■当期利益 1,685百万円(△15.6%)・建設関連製品事業は↗、自動車関連製品事業は↓、その他事業は↑・前期は特別損益がプラスでしたが、今期は剥落により当期利益は減益自動車関連製...

続きを読む

ポーラ・オルビスホールディングス 2回目の業績下方修正

ポーラ・オルビスホールディングスは化粧品大手。高級品のポーラ、通販のオルビスが2大ブランド。買付日 : 2017年6月数量 : 100株取得単価 : 2,999円今回は第14期株主通信秋号について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 110,247百万円(△12.0%)■営業利益 16,236百万円(△29.7%)■当期利益 9,938百万円(△35.1%)・ポーラの健康食品を中心としたバイヤー需要の減少と医薬品事業譲渡の影響により減収・減収、営業利益...

続きを読む

2019年10月末のポートフォリオ 23,000円

2019年10月末のポートフォリオを紹介します。今月末の日経平均株価 : 22,927円月後半は一段高で一時は23,000円を超えてきました。※Yahoo!ファイナンスから引用私のポートフォリオはまあ増えています。こういう時こそポートフォリオの見直しに着手したいですね(^^)/個別銘柄で見ると建設関係が強かったようです。災害が多かったからでしょうか。弱かったのはハブ、ロコンド。ハブは早くラグビーW杯終わって欲しいですね( ̄^ ̄)ゞロ...

続きを読む

ヒューリック ふふ

ヒューリックは都区内の駅近接ビル中心に好物件所有、物件多角化へ。買付日 : 2018年12月数量 : 101株取得単価 : 1,015円今回は第90期中間報告書について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 171,199百万円(+49.4%)■営業利益 38,964百万円(+9.6%)■当期利益 26,118百万円(+10.4%)・過去最高益を更新中。今期も増益予想。・経常利益の進捗率45.9%。 当期純利益の進捗率47.9%。不動産売上が+576億円となっています...

続きを読む

ツカダ・グローバルホールディング 各商材の内製化

ツカダ・グローバルホールディングは欧米風邸宅での挙式・披露宴を行う婚礼が主力。今回はBUSINESS REPORTと株主優待について紹介します。(権利取得はクロス取引にて実施)2019年12月期(2Q)■売上高 29,071百万円(+3.9%)■営業利益 2,261百万円(+110.1%)■当期利益 1,289百万円(+119.2%)・婚礼事業は施行組数の増加、施行単価が堅調に推移し増収・ホテル事業は宿泊部門は堅調もホテル婚礼の施行組数が減少し微減収増益...

続きを読む

ラックランド 結果が出始めました

ラックランドは食品、飲食等の店舗企画、設計、施工行う。買付日 : 2018年12月数量 : 100株取得単価 : 2,595円今回は第50期株主通信(第2四半期)と株主優待について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上高 15,983百万円(△20.4%)■営業利益 △48百万円(-%)■当期利益 191百万円(△32.2%)・現在進行中の大型案件の引渡時期が4Qに変更・グループ会社の請負先であるゼネコン各社の工程進捗の遅れによる工期変更営業外費用...

続きを読む

小林製薬 会計変更、為替、カイロの不振

小林製薬は家庭用品製造販売が主軸。芳香消臭剤首位。医薬品、健康食品などでのニッチ製品開発に定評。今回は青い鳥通信と株主優待について紹介します。(権利取得はクロス取引にて実施)2019年12月期(2Q)■売上高 73,630百万円(+1.3%)■営業利益 11,421百万円(△1.6%)■当期利益 8,202百万円(+7.5%)・微増収、微減益・海外事業は堅調暖冬の影響でカイロが大幅減収となりました。カイロを除くと国内事業は好調に推移して...

続きを読む

日本たばこ産業(JT) 紙巻たばことRRP

日本たばこ産業(以下、JT)はたばこ事業を中核に、食品、医薬品も展開。買付日 : 2013年4月、2018年2月・12月数量 : 300株取得単価 : 3,650円、3,500円、2,810円 ※200株はNISA口座を利用今回は業績報告書vol.63と株主優待について紹介します。2019年12月期(2Q)■売上収益 1,058,549百万円(△1.6%)■営業利益 311,326百万円(+3.0%)■当期利益 226,451百万円(+4.8%)・国内たばこ事業は紙巻単価上昇効果及びRRP関連売...

続きを読む

ファーマライズホールディングス 立地から機能へ

ファーマライズホールディングスは調剤薬局中堅。買付日 : 2017年11月数量 : 100株取得単価 : 615円今回は株主通信(令和元年5月期)と株主優待について紹介します。2019年5月期(4Q)■売上高 51,728百万円(△5.2%)■営業利益 640百万円(△45.7%)■当期利益 23百万円(-%)・調剤報酬及び薬価改定の影響を強く受け減収減益・既存店舗において主応需医療機関の移転等の影響を強く受ける減収額25億円のうち改定の影響は約20...

続きを読む

コスモス薬品 出店の軸足を東へ移行

コスモス薬品は九州地盤のドラッグストア。ディスカウント徹底。買付日 : 2019年5月数量 : 1株取得単価 : 18,330円今回はBUSINESS REPORT2019と株主優待について紹介します。(権利取得はクロス取引にて実施)2019年5月期(4Q)■売上高 611,137百万円(+9.5%)■営業利益 24,775百万円(+8.9%)■当期利益 19,185百万円(+8.8%)・93店舗の新規出店により増収・既存店も1月(99.8%)を除きプラス着地決算説明会資料等がな...

続きを読む

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter