記事一覧

サラリーマンである私が投資をする目的と投資のスタンス

「RYUの投資日記」へようこそ!このブログはサラリーマンである私が日々の投資について綴るものです。ここでは個別の記事の前提となる私が投資をする目的とスタンスについて紹介します。■投資の目的①収入の分散少しでもサラリー以外の収入があるのが精神衛生上よろしいです。とはいえサラリーが収入の中心なので、仕事は頑張りますよ~②支出の代替 →関連記事はこちら後述しますが、私の投資先のメインは株主優待がある会社です。...

続きを読む

松風 マスク復活、海外事業も復活

松風は歯科材料・器具の大手。買付日 : 2020年3月数量 : 100株取得単価 : 1,426円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 28,137百万円(+14.0%)■営業利益 3,217百万円(+39.8%)■当期利益 2,546百万円(+52.1%)・海外売上高が伸長し、売上高は過去最高・増収効果と粗利益率の上昇により増益、営業利益・経常利益は過去最高国内デンタル事業は化工品や新製品が売上に寄与したものの、会計処...

続きを読む

伊藤忠商事 ステップアップ下限配当を再導入

伊藤忠商事は総合商社大手。買付日 : 2012年9月数量 : 100株取得単価 : 785円今回は業績について紹介します。2022年3月期(4Q)■収益 12,293,348百万円(+18.6%)■営業利益 582,522百万円(+44.4%)■当期利益 820,269百万円(+104.3%)・連結純利益は史上初の8,000億円を突破・資源価格の異常な高騰が続く中、バランスのとれた収益基盤を維持連結純利益は3Qまで商社トップを走っていたものの、最終的にはトップの座を譲っ...

続きを読む

伊予銀行 紅まどんなに再チャレンジ

伊予銀行は愛媛から瀬戸内へ展開。今回は業績と株主優待について紹介します。(権利取得はクロス取引にて実施)2022年3月期(4Q)■経常収益 133,971百万円(+7.3%)■経常利益 38,239百万円(+46.1%)■当期利益 26,417百万円(+46.0%)・コア業務粗利益は資金利益、その他業務利益が増加(+3,950百万円)・コア業務純益の増加及び信用コストの減少により増益資金利益は海外貸出金・有価証券の増強により増加しました。その他...

続きを読む

キューブシステム SIビジネス(Lift&Shift)で成長狙う

キューブシステムは金融、流通、通信向けのシステム構築が主力。買付日 : 2013年4月数量 : 200株取得単価 : 316円今回は業績について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 16,099百万円(+8.9%)■営業利益 1,417百万円(+20.7%)■当期利益 944百万円(+11.9%)・運送事業会社、通信会社向け案件での受注が拡大したことにより増収・SIビジネス(Lift&Shift)へリソースの集約化を図り、高収益化を実現営業利益の増減要因...

続きを読む

菱電商事 利益は過去最高を更新も?

菱電商事は三菱電機系商社で最大。FA、ビル昇降機・空調から半導体まで幅広い。買付日 : 2021年3月数量 : 100株取得単価 : 1,695円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 229,126百万円(+16.4%)■営業利益 7,062百万円(+△106.7%)■当期利益 5,004百万円(+113.6%)・FAシステムは増収増益・冷熱ビルシステムは減収減益全体として各段階利益はいずれも過去最高となりました。FAシステムは取...

続きを読む

ユナイテッド&コレクティブ the 3rd Burgerの出店を加速、リスクは?

ユナイテッド&コレクティブは主力は鶏料理居酒屋「てけてけ」。ハンバーガーチェーンも展開。買付日 : 2022年1月数量 : 100株取得単価 : 1,227円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 2,723百万円(△18.7%)■営業利益 △1,831百万円(-%)■当期利益 △430百万円(-%)・てけてけ1店舗、the 3rd Burger8店舗の出店と計3店舗の閉店を実施・2期連続当期純損失、自己資本比率6.7%期末で店舗数は...

続きを読む

セブン銀行 第4世代ATMの設置続く

セブン銀行は提携金融機関からのATM手数料が柱。セブン‐イレブン店舗中心にATM設置、海外展開も。買付日 : 2015年8月数量 : 200株取得単価 : 520円今回は業績について紹介します。2022年3月期(4Q)■経常収益 136,667百万円(△0.4%)■経常利益 28,255百万円(△20.7%)■当期利益 20,827百万円(△19.6%)・新たなATM受入手数料体系導入の影響により手数料単価が減少・成長投資を主因とする費用増により減益期末のATM設定台...

続きを読む

ジェイグループホールディングス サウナに高速道路SA事業?

ジェイグループホールディングスは居酒屋「芋蔵」や「ほっこり」など飲食店を東海地盤に展開。買付日 : 2012年7月 ※立会外分売数量 : 200株取得単価 : 333円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 4,703百万円(△29.8%)■営業利益 △1,888百万円(-%)■当期利益 △602百万円(-%)・昨年度不動産3件を売却した反動もあり減収・助成金収入等を計上も3期連続の当期純損失上記の通りで不動産事業...

続きを読む

モーニングスター アセットマネジメント事業、○○のファイナンシャル・サービス事業が伸長

モーニングスターは投資信託データ販売と投信運用、セミナーが3本柱。株式新聞も展開。買付日 : 2019年8月数量 : 100株取得単価 : 330円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 8,123百万円(+8.5%)■営業利益 2,129百万円(+20.6%)■当期利益 1,454百万円(+10.3%)・アセットマネジメント事業が伸長し(+19.1%)、増収・アセットマネジメント事業、既存のファイナンシャル・サービス事業が...

続きを読む

イオンモール 日本/中国/アセアンの状況は?

イオンモールはイオンのショッピングセンター開発子会社。買付日 : 2018年12月数量 : 100株取得単価 : 1,760円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■営業収益 316,813百万円(+12.9%)■営業利益 38,228百万円(+11.1%)■当期利益 19,278百万円(-%)・前期比は増収増益もコロナ前の一昨年比の利益水準には戻らず・通期計画に対しても未達以下、19年との対比です。国内は営業制限は緩和されたものの...

続きを読む

ジュンテンドー 「園芸農業・資材工具」部門は引き続き伸長を見込む

ジュンテンドーは中国地方トップシェアのホームセンター。農業関連品に特化した小型店も展開。買付日 : 2017年2月数量 : 100株取得単価 : 604円今回は第61期報告書と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■営業収益 46,106百万円(△4.3%)■営業利益 1,233百万円(△45.9%)■当期利益 606百万円(△55.8%)・前年の感染症対策衛生用品の需要の急増や巣ごもり特需の反動減により減収・減収及び人件費の増加により減...

続きを読む

アレンザホールディングス アミーゴ好調

アレンザホールディングスはホームセンター、ペットショップを多店舗展開。バローHD傘下に。買付日 : 2013年6月数量 : 100株取得単価 : 410円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■営業収益 156,939百万円(△0.3%)■営業利益 6,281百万円(△24.8%)■当期利益 4,091百万円(△20.5%)・前年のコロナ特需の反動減により減収・広告宣伝費、人件費・水道光熱費の増加により減益前期コロナ特需の反動減、...

続きを読む

アダストリア M&Aを通じたさらなる成長を模索

アダストリアはカジュアル衣料店をSC内軸に展開。「グローバルワーク」などブランド多数。買付日 : 2013年12月、2016年8月数量 : 100株取得単価 : 2,485円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 201,582百万円(+9.6%)■営業利益 6,564百万円(+756.1%)■当期利益 4,917百万円(-%)・店舗営業状況の改善や自社ECへの継続投資で増収・増収及び粗利率の改善により増益粗利は55.1%(+0.6%)...

続きを読む

SFPホールデングス 今後の方向性は?

SFPホールディングスは海鮮居酒屋「磯丸水産」や「鳥良」が主力。クリエイト・レストランツHD傘下。買付日 : 2015年1月数量 : 100株取得単価 : 1,449円今回は第12期株主通信と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 10,404百万円(△40.3%)■営業利益 △7,919百万円(-%)■当期利益 1,745百万円(-%)・通期にわたる休業・時短要請・酒類提供制限等の影響で減収・コスト抑制の定着や助成金制度の活用で当期...

続きを読む

ワイズテーブルコーポレーション 低コスト小型店舗の開発とカジュアル店舗のリモデル

ワイズテーブルコーポレーションは高級レストラン「XEX」、カジュアル伊料理などを直営・FCで展開。買付日 : 2012年8月数量 : 100株取得単価 : 876円 ※立会外分売今回は業績と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 8,148百万円(△1.7%)■営業利益 △1,446百万円(-%)■当期利益 314百万円(-%)・売上高は緊急事態宣言等の発令と全国的な感染者数の増加により落ち込み・コスト削減により営業損失幅は縮...

続きを読む

バロックジャパンリミテッド 米国事業が拡大

バロックジャパンリミテッドは若い女性向けの衣料、服飾雑貨のSPA。買付日 : 2018年2月数量 : 100株取得単価 : 889円今回はBAROQUE REPORT 2022と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 59,139百万円(+16.9%)■営業利益 2,752百万円(+109.7%)■当期利益 1,471百万円(+291.6%)・全体的に回復傾向を強め、増収・国内単体、EC、海外ともに伸長し増益国内単体はオミクロン急拡大後は失速しましたが、それ...

続きを読む

松屋 保有資産の有効活用

松屋は呉服店発祥の名門百貨店。銀座本店と浅草店の2店体制。買付日 : 2019年8月数量 : 100株取得単価 : 759円今回は153期株主通信と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 65,039百万円(+23.3%)■営業利益 △2,280百万円(-%)■当期利益 1,000百万円(-%)・百貨店事業が一定程度回復・固定資産売却益を計上し当期利益はプラスを確保銀座店の店頭売上高は+27%となりました。外商会員の売上高も+29%で...

続きを読む

ハイデイ日高 既存店売上高は急回復もコロナ前には満たず

ハイデイ日高は「中華食堂日高屋」主力。首都圏の駅前・繁華街立地で展開。直営出店主義。買付日 : 2020年1月数量 : 100株取得単価 : 1,984円今回は第44期株主通信と株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■売上高 26,402百万円(△10.7%)■営業利益 △3,523百万円(-%)■当期利益 1,579百万円(-%)・前年を上回る営業時間の短縮・酒類の提供自粛等により減収・減収及び販管費の増加により営業損失は拡大既存店売...

続きを読む

DCMホールディングス 新創業で店舗ロゴマーク、店舗名称を統一

DCMホールディングスはホームセンター業界首位。傘下に北海道のホーマック、中京のカーマ、四国のダイキなど。買付日 : 2014年12月数量 : 100株取得単価 : 750円今回はDCM Reportと株主優待について紹介します。2022年2月期(4Q)■営業収益 444,750百万円(△5.6%)■営業利益 30,649百万円(+1.3%)■当期利益 18,809百万円(+1.2%)・前期の反動減により減収・粗利率の改善、販管費削減により増益既存店売上高は前年同期比...

続きを読む

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter