記事一覧

GLP投資法人 先進物流施設の需要は引き続き堅調

GLP投資法人は物流施設特化型のJ-REIT。J-REIT銘柄としては初の利益超過分配を行う方針を示す。買付日 : 2013年5月数量 : 1口取得単価 : 99,800円(調整後の取得価額は94,024円)今回は第16期決算・運用状況のご報告について紹介します。上場来賃料増額は15期連続となっています。直近3年間(6期)の平均賃料上昇率は+3.6%です。財務面については、高い格付力(AA)を活用しています。20年1月に実施した借入金の借り換えでは、...

続きを読む

アドバンス・レジデンス投資法人 決算はどうだったの?

アドバンス・レジデンス投資法人は住居特化型で住居系最大規模。買付日 : 2012年7月数量 : 1口取得単価 : 155,000円今回はレジユメ VOL.7(2020/1期)について紹介します。今期は毎期開催している運用状況報告会の開催を見送っています。そのためこのレジユメでは決算の概要が特集されています。第19期の決算が好調だった要因は以下の通りです。・稼働率を高く維持できたこと (期中平均稼働率96.8%)・東京都心の物件の需要...

続きを読む

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人 上場後初の公募増資を実施

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人は主要投資対象を物流施設とするJ-REIT。スポンサーは伊藤忠商事。買付日 : 2019年5月数量 : 1口取得単価 : 99,300円(調整後の取得価額は98,901円)今回は第三期資産運用報告について紹介します。当期の1口当たり分配金は+84円の2,395円となりました。前期に取得した物件の収益と徹底したコスト削減、新たな収益化が奏功しました。収益化は保険料・電気料金の削減、太陽光パネル用屋...

続きを読む

平和不動産リート投資法人 あれから10年もこの先10年も

平和不動産リート投資法人はレジデンス・オフィスに投資する総合型のJ-REIT。平和不動産がスポンサー。買付日 : 2013年7月数量 : 1口取得単価 : 69,000円今回は第36期資産運用報告について紹介します。オフィスは資産の入替により資産規模が拡大しています。高稼働率の維持および賃料増額改定が進んだことにより、賃貸事業収入は増加しています。(資産規模763.2億円、賃貸事業収入28.8億円)レジデンスの期中平均稼働率は高水...

続きを読む

ヒューリックリート投資法人 着々と物件を積み上げ

ヒューリックリート投資法人はオフィスビルを主体とする総合型。スポンサーはみずほ銀行系のヒューリック単独。投資方針は以下の通りです。・「東京コマーシャル・プロパティ」への重点投資 → オフィス、商業施設・「次世代アセット・プラス」への投資 → 有料老人ホーム、ネットワークセンター、ホテル、その他買付日 : 2014年2月数量 : 1口取得単価 : 123,100円 ※NISA口座を利用今回は第11期資産運用報告について紹介しま...

続きを読む

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter