記事一覧

イートアンドホールディングス 負の相関関係?

イートアンドホールディングスは外食チェーンと冷凍食品製造の2軸。いずれも「大阪王将」ブランドが柱。買付日 : 2022年3月数量 : 100株取得単価 : 2,005円今回は第46期中間報告書と株主優待について紹介します。2023年2月期(2Q)■売上高 16,104百万円(+9.0%)■営業利益 564百万円(+51.1%)■当期利益 338百万円(+13.1%)・食品事業・外食事業ともに増収増益・新たな取り組みも推進食品事業は冷凍食品市場の成長に伴い...

続きを読む

ジェイグループホールディングス 株主優待は引き続き実施

ジェイグループホールディングスは居酒屋「芋蔵」や「ほっこり」など飲食店を東海地盤に展開。買付日 : 2012年7月 ※立会外分売数量 : 200株取得単価 : 333円今回は業績と株主優待について紹介します。2023年2月期(2Q)■売上高 3,582百万円(+154.2%)■営業利益 △670百万円(-%)■当期利益 △166百万円(-%)・まん延防止等重点措置の解除により増収・コロナ影響を特別損失に振替も営業損失(赤字幅は縮小)飲食事業単体...

続きを読む

西松屋チェーン 小学校高学年向けの衣料品が好調

西松屋チェーンはベビー・子供衣料と生活雑貨のロードサイド大型店を全国展開。PB商品中心の低価格戦略。買付日 : 2018年12月数量 : 100株取得単価 : 850円今回は第67期中間報告書と株主優待について紹介します。2023年2月期(2Q)■売上高 84,478百万円(+4.7%)■営業利益 6,696百万円(+3.9%)■当期利益 4,650百万円(+3.0%)・春物・夏物の衣料品等の販売が好調に推移し増収・出店に伴う経費増を増収でカバーし増益販売...

続きを読む

DCMホールディングス 業績予想に変更なくても増配

DCMホールディングスはホームセンター業界2位。傘下に北海道のホーマック、中京のカーマ、四国のダイキなど。買付日 : 2014年12月数量 : 100株取得単価 : 750円今回はDCM Reportについて紹介します。2022年3月期(2Q)■営業収益 238,832百万円(-%)■営業利益 18,969百万円(△4.0%)■当期利益 12,124百万円(△10.2%)・エクスプライス連結により増収・原材料価格の高騰や円安、コスト上昇により減益既存店売上高は前年同...

続きを読む

イオン AEONNEXT

イオンは国内流通2強の一角、総合スーパー(GMS)中心。M&Aで成長。上場子会社で金融、不動産など。買付日 : 2012年5月数量 : 100株取得単価 : 1,014円今回は第98期中間報告書について紹介します。2023年2月期(2Q)■営業収益 4,487,184百万円(+3.3%)■営業利益 95,877百万円(+23.3%)■当期利益 18,038百万円(+293.1%)・5事業が増収・5事業が増益・損益改善営業収益ならびにすべての段階利益がコロナ前水準を上回りま...

続きを読む

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ