記事一覧

マッキンゼーが予測する未来-近未来のビジネスは、4つの力に支配されている

「マッキンゼーが予測する未来-近未来のビジネスは、4つの力に支配されている」
(リチャード・ドッブス他/ダイヤモンド社)
について紹介したいと思います。

マッキンゼー_2017

4つの力とは以下になります。

①経済の重心の移動
経済活動とダイナミズムの重心となる場所が、新興国、そうした市場の中の都市に移動します。

世界が健全に成長する限り、新興国が成長のドライバーになるのは間違いないと思います。
新興国投資しようかな。

私たちの推計では、今後2025年にいたるまでの10年間、世界経済の成長の70%は新興国によるものであり続けるだろう。


②テクノロジー・インパクト
技術の発展がその範囲、規模、経済的インパクトにおいて、加速し、増大することです。
あらゆる局面に新技術が存在していること、変化のスピードが速いことがこれまでと違う点です。

普及のスピードが加速している事例が紹介されています。
・ユーザーが5,000万人になるのにかかった時間
電話50年、ラジオ10年、アイポッド5年、スカイプ2年、携帯電話ゲーム35日

③地球規模の老化
人口動態の変化です。出生率は低下し、世界人口は劇的に老化してきています。
労働人口は減少し、経済発展の可能性がこれからもあるのか、という疑問につながりますね。

④「流れ(フロー)」の高まり
貿易に加え資本、人々それに情報の移動を通じ、世界が相互に結合する度合いの高まりです。

これらの4つの力が世界経済に実質的な影響を与え始め、長い間確立されたパターンを破壊しています。
そのため、自分の持つ直観を精密に見直し、もし必要とあれば大胆に直観をリセットする必要があると説きます。

本書では4つの力や直観力をリセットするための戦略思考を豊富な事例を活用し紹介しています。

あまり近視眼的にならず、こういった長期的な目線に立ってみることも重要ですね(=゚ω゚)ノ

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter