記事一覧

カーリットホールディングス 年度と期

カーリットホールディングスは化薬・化学品(発炎筒や塩素酸ソーダ)を生産しています。
ボトリング事業も行っています。

2015年8月に投資しています。
524円で購入しています。

今回は株主通信(2016年4月1日~2017年3月31日)と株主優待について紹介したいと思います。

カーリットHD_2017

当期は増収増益となりました。
主力の化学品事業部門が堅調に推移しました。

一方、中期経営計画「礎100」の最終年度(平成30年度)の数値目標を下方修正しています。
「事業拡大計画の見直しを行ったこと」「新規開発品が立ち遅れたこと」が要因です。
売上高 当初650億円 → 修正540億円
営業利益 当初35億円 → 修正24億円

次期(平成30年3月期)の業績予想は売上高510億円、営業利益15億円です。

あれ、金額が違う?
少し悩んだのですが、年度と期で1年ズレているんですね。分かりにくい…

これまた最終年度に営業利益がジャンプアップしていますね。
決算説明資料によると、以下が増益の要因となっています。

①広桃発電所再稼働による原価低減、のれん償却の減少
②増収に伴う増益

カーリットHD_2017②

ボトリング事業部門は設備増強による製造停止が影響し、減収減益となっています。

カーリットHD_2017③

株主優待は100株保有で1,500円相当のギフト券になります。
ギフト券は少額がチリツモでたまってきました(=゚ω゚)ノ

カーリットHD_2017④

2017/7/31には1Q決算を発表しています。
ブログの記事にするの遅いですね…

カーリットホールディングス(東証1部、4275)の主な指標(2017/8/3現在)
株価 : 652円
PER(予想) : 18.16倍
PBR(実績) : 0.63倍
EPS(予想) : 35.91
1株配当(予想) : 10.00円
配当利回り(予想) : 1.53%

株主優待
権利確定月 3月末日
100株以上 ギフト券1,500円相当
500株以上 ギフト券2,000円相当
1,000株以上 ギフト券2,500円相当

総合利回り(予想) : 3.83%
上記は100株の場合


湊かなえの「往復書簡」を読了しました。
ひかるに借りました。

書簡形式の連作ミステリです。
私は「二十年後の宿題」が気に入りました。

たまには手紙書くのも良いかもしれませんね(=゚ω゚)ノ

往復書簡_2017
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter