記事一覧

朝日ネット ネイティブ方式によるIPv6接続サービスを提供開始

朝日ネットは独立系のネット接続サービス大手で「ASAHIネット」を運営しています。
大学向けSNS事業も手掛けています。

2015年3月に投資しています。
525円で購入しています(NISA口座を利用)。

今回は2017年3月期報告書(IR REPORT)について紹介したいと思います。

朝日ネット_2017

5年連続で過去最高の売上高を更新しています。
ISP会員数やmanabaの全学導入校数や契約ID数の増加も順調です。

朝日ネット_2017②

一方、営業利益は前期比2.5%減少の1,307百万円となっています。
ネイティブ方式のネットワーク構築を実施したことで減価償却費や通信コストの増加が影響しています。

この対応で通信コストをほぼ固定費とし、売上高増加時の利益貢献の最大化を目的としています。

朝日ネット_2017③

8/10に1Q決算を開示しています。
営業利益は前年同期比-40.7%と大幅減となっています。

これは2017年度の利益減と同要因と思われ、通期はほぼ計画通りの進捗とのことです。
なお、通期の営業利益予想は前期比-23.5%の1,000百万円です。

2018年度以降は増益基調となる計画ということなので、しばらく我慢ですね。

朝日ネット(東証1部、3834)の主な指標(2017/8/17現在)
株価 : 522円
PER(予想) : 22.06倍
PBR(実績) : 1.64倍
EPS(予想) : 23.66
1株配当(予想) : 18.00円
配当利回り(予想) : 3.45%

株主優待
なし


昨日、阪神・藤浪投手が広島・大瀬良に死球をぶつけた際の大瀬良の対応が話題になっています。

大瀬良はマウンドへ向けて「大丈夫、大丈夫」と笑顔で応えたとのことです。
調子の上がらない藤浪に対する気遣いがあったと思いますが、素晴らしい対応ですね。

とても私には真似できない…
自分には出来ないことをできる人は素直に尊敬に値します。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter