記事一覧

アドバンス・レジデンス投資法人 初めてのJ-REITは住居特化型

アドバンス・レジデンス投資法人は2012年7月に投資しています。

155,000円で購入。
初めてJ-REITに投資した銘柄です。

REITの主な投資先は以下の通りです。
・オフィスビル
・ホテル
・商業施設
・物流施設
・賃貸住宅

アドバンス・レジデンス投資法人は、住宅特化型で住宅系では最大規模の銘柄です。

一般的に住宅系は景気感応度が低く、良く言えば安定、悪く言えば上昇についていきにくい
のが特徴です。(賃貸の家賃って景気で変動しないですよね)

REITの最初の銘柄に住宅系を選択するとは我ながらシブいですね。

アドバンス・レジデンス投資法人(東証、3269)の主な指標(2014/7/23現在)
投資口価格 : 247,000円
1株分配 : 4,500円(14年7月期)→ 4,500円(15年1月期)
分配金利回り : 3.64%
NAV倍率 : 1.67

さて、7期の資産運用報告を見てみましょう。
ポイントは次の3点でしょうか。

・1口当たり分配金は4,615円(前期比+18円、当初予想から+115円)
・期中平均稼働率は96.4%(前年同期比+0.5%)と高水準を維持
・第8期・第9期の予想1口当たり分配金 4,500円(予想当期純利益/口 4,430円)

1口当たり当期純利益より1口当たり分配金が高いのは分配準備積立金を取崩して対応して
いるからです。

その分配準備積立金ですが、7期末で339億円(前期比-4億円)と十分な額がありますので、
住宅系の中でも更に分配金の安定度が高いのが魅力的な銘柄です。

ADR_2014.png
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter