記事一覧

セブン銀行 米国でのATM設置状況は?

セブン銀行はセブン‐イレブン店舗中心に2万台超のATMを設置。
提携金融機関からの手数料が柱です。

2015年8月に投資しています。
520円で200株購入しています。

今回は「株主の皆さまへ 2017年度中間期」について紹介したいと思います。

セブン銀行_2017

2Qは増収増益(経常収益は前年同期比+1.7%、経常利益は同+4.1%)となりました。

単体のATM利用件数やATM設置台数は増加しています。
一方で平均件数で見ると右肩下がりとなっています。

これは「台数が飽和状態にある」と「ATMの利用シーンが減っている」と両側面がありそうですね。

セブン銀行_2017②

さて、期待の米国セブンイレブン店舗へのATM展開です。

米国にはセブンイレブン店舗が8,000あるようです。
2017年8月より設置を開始し、設定が完了するとATMは12,000台以上となる予定です。

ところが、米国子会社の設置台数は17年上期時点で△763台の5,674台と
前年同期比マイナスとなっています。

セブンイレブン店舗以外が不調なんですかね。
まずは通期の進捗を確認したいと思います。

セブン銀行_2017③

当社は都銀や地銀のATM代替という面でプラス評価しています。
一方、急速にキャッシュレス社会が進むとATM自体の需要がなくなる可能性があります。

そういう意味で今後は難しい舵取りが必要になりそうですね。

セブン銀行(東証1部、8410)の主な指標(2017/12/20現在)
株価 : 389円
PER(予想) : 17.55倍
PBR(実績) : 2.26倍
EPS(予想) : 22.16
1株配当(予想) : 9.50円
配当利回り(予想) : 2.44%

株主優待
なし


忘年会もひと段落してきました。
そろそろ大掃除をしないと年を越せないですね(=゚ω゚)ノ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter