記事一覧

エスクロー・エージェント・ジャパン 機能を組合せたパッケージモデルの普及で成長を目指す

エスクロー・エージェント・ジャパンはBPOと不動産関連業務のエスクローが両輪です。

2018年2月に投資しています。
439円で100株保有しています。

今回は業績と株主優待について紹介したいと思います。

2018年2月期の売上高は前期比+10.3%、営業利益は同+2.8%となりました。

不動産オークション事業が順調に成長拡大しました。
エスクローサービスは若干売上高・利益は減少も利益率・顧客数は増加しています。
またBPO事業は、借換需要の一巡により売上高・利益ともに減少しています。

次期(F12Y)は増収増益を見込みます。
エスクローサービスのユーザー数増加により、システム利用料が大幅増加する計画です。

なお中計において、2021/2期は2018/2期比にて売上高180%以上、経常利益200%以上を目指しています。
前中計期間に構築した機能を組合せたパッケージモデルの普及で飛躍的な成長を目指します。

エスクロー・エージェント・ジャパン_2018③
※2018/5/29「中期経営計画説明会」資料より引用

株主優待はQUOカードです。
100株保有、継続保有期間1年未満で1,000円となります。

エスクロー・エージェント・ジャパン_2018②

継続保有期間1年以上で2,000円となるのが今から楽しみです(=゚ω゚)ノ

スクロー・エージェント・ジャパン(東証1部、6093)の主な指標(2018/6/14現在)
株価 : 486円
PER(予想) : 36.73倍
PBR(実績) : 7.77倍
EPS(予想) : 13.23
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 2月末日
QUOカード
100株以上 継続保有期間1年未満 1,000円分、継続保有期間1年以上 2,000円分

総合利回り(予想) : 2.06%
上記は継続保有期間1年未満の場合


ようやく6月の封筒到着ラッシュ第1弾が収まったでしょうか。
私もついに封筒輪ゴム止めの日があって成長を実感できました(笑)
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter