記事一覧

ファンケル 優待変更、継続保有の条件付くも内容は拡充

ファンケルは通販主力の無添加化粧品メーカーです。

今回は業績と株主優待について紹介したいと思います。
(権利取得はクロス取引にて実施)

2018年3月期(通期)
売上高 109,019百万円(+13.2%)
営業利益 8,448百万円(+276.4%)
当期利益 6,191百万円(+20.3%)

・化粧品、栄養補助食品が伸長し増収
・利益率の高い化粧品の売上構成比上昇により粗利が大幅増加
・前期の投資有価証券売却益剥落

化粧品の利益率恐るべし…


株主優待は3,000円相当の製品または「ファンケル銀座スクエア」利用券です。
カタログはこだわりの1点コースもしくは組合せ自由の2点コースから選択できます。

ファンケル_2018

次回から優待制度が変更になります。
6ヶ月以上継続保有の条件が付く一方、優待内容は5,000円にグレードアップします。

ファンケル_2018②

株価がお高くなっているので1株のみ保有で様子見したいと思います。

ファンケル(東証1部、4921)の主な指標(2018/8/3現在)
株価 : 6,230円
PER(予想) : 47.16倍
PBR(実績) : 5.21倍
EPS(予想) : 132.11
1株配当(予想) : 60.00円
配当利回り(予想) : 0.96%

株主優待
権利確定月 3月末日
100株以上 いずれかを選択
(1)5,000円相当の自社製品 または 寄付参加
(2)5,000円分の「ファンケル銀座スクエア」ご利用券
※要6ヶ月以上継続保有

総合利回り(予想) : 1.77%


私は前回同様「ファンケル銀座スクエア」利用券を選択しました。

買い物クーポン(500円OFF)が同封されています。
株主へのサービスか、トライアル促進への飽くなき執念か、どちらでしょうか。

ファンケル_2018③
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter