記事一覧

ビックカメラ レールサイド+ロードサイドの店舗網とECの相乗効果

ビックカメラは家電量販大手。
ソフマップに加え、コジマを傘下に収めています。

買付日 : 2012年4月
数量 : 100株
取得単価 : 409円

今回は第38期報告書と株主優待について紹介します。

ビックカメラ_2018⑤

2018年8月期(4Q)
売上高 844,029百万円(+6.8%)
営業利益 27,055百万円(+23.8%)
当期利益 17,122百万円(+26.8%)

・新店、インターネット通販、インバウンド(免税)が寄与し増収を確保
・増収及び粗利率の改善等により増益、売上・利益ともに過去最高を達成

EC売上高は前期比+18.5%、EC化率は連結、単体ともに10%超となっています。
そのため首都圏以外での当日配送、コンビニ受取りサービスの開始などサービス拡充に注力しています。

一方でレールサイド+ロードサイドの店舗網とECの相乗効果を目指します。
店舗は非家電商品の品揃えを充実させているのもその一環でしょうか。

ビックカメラ_2018⑥

優待は買物優待券です。
私は100株2年以上継続保有で3,000円分となります(年間5,000円)。

ビックカメラ_2018⑦

今期の配当は当初予想の12円から一気に増額され20円となっています。
これは方針を長期にわたる安定配当から業績に応じた適正な利益配当の実施に変更したことによります。

次期も増収増益で2期連続の過去最高実績を目指します。
しかし配当は20円で据え置きなので配当性向は微減です。

ビックカメラ(東証1部、3048)の主な指標(2018/11/22現在)
株価 : 1,529円
PER(予想) : 15.33倍
PBR(実績) : 2.10倍
EPS(予想) : 99.76
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 1.31%

株主優待
株主お買物優待券
<2月末日>
100株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
500株以上 3,000円 (1,000円券×3枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10.000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

<8月末日>
100株以上 1,000円 (1,000円券×1枚)
500株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10,000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

【長期保有株主向け優待制度】
<8月末日>
1年以上2年未満継続保有 株主お買物優待券1枚追加(1,000円券×1枚)
2年以上継続保有 株主お買物優待券2枚追加(1,000円券×2枚)

総合利回り(予想) : 3.27%
100株保有時、長期保有で2年以上の場合は4.58%


優待券、商品券、ポイントを利用して電動歯ブラシを購入しました。
(それでも手出し沢山あります)

現行機種は9年弱頑張ってくれましたので今回もドルツにしました(^^)/
スタンダートとハイグレードで悩んだのですが、以下の点でハイグレード(の安い方)を選択しました。

・充電時間が短い(1時間/約17時間)
・替えブラシ1年分のキャンペーンで約2,500円お得

今回のも長く使えると良いな(=゚ω゚)ノ

ビックカメラ_2018⑧
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter