記事一覧

明光ネットワークジャパン 分かる(W)、話す(H)、身につく(M)

明光ネットワークジャパンは小中高向け個別指導の補習塾「明光義塾」をFC軸に展開しています。

買付日 : 2012年7月
数量 : 100株
取得単価 : 780円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2018年8月期(4Q)
売上高 19,116百万円(△1.4%)
営業利益 1,441百万円(△44.9%)
当期利益 657百万円(△67.8%)

・明光義塾事業の収益力回復の遅れ、戦略的先行投資の費用増により減収減益
・対修正予想では経費の見直しや抑制等により増益を確保

明光義塾事業は教室数、生徒数ともに前年割れです。
ブランディング刷新、ICTコンテンツ拡充等の先行費用も重しになっています。

予備校事業も生徒数が減少し、セグメント損失です。
その他事業は堅調ですが、他の事業をカバーできるレベルにはありません。

株主優待はQUOカードです。
私は100株3年以上保有で3,000円/年1回となっています。

分かる、話す、身につく」とありますね。
理解していないと上手く話しできないというのは道理ですよね。

明光ネットワーク_2018⑤

次期の配当額は42円/年から30円に減額となります。
これでも配当性向は78.1%と高水準です。

W 悪いな
H 配当が
M みみっちくて

といった感じでしょうか。

明光ネットワークジャパン(東証1部、4668)の主な指標(2018/12/10現在)
株価 : 978円
PER(予想) : 25.46倍
PBR(実績) : 1.82倍
EPS(予想) : 38.41
1株配当(予想) : 30.00円
配当利回り(予想) : 3.07%

株主優待
権利確定月 8月末日
保有株式数及び継続保有期間によりQUOカードを贈呈
100株以上 3年未満:1,000円相当、3年以上:3,000円相当
500株以上 3年未満:2,000円相当、3年以上:4,000円相当
1,000株以上 3年未満:3,000円相当、3年以上:5,000円相当

総合利回り(予想) : 4.09%
上記は100株・3年未満の場合、3年以上の場合は6.13%


今更ですが、プロ野球日本シリーズをおさらいしました。

2013年以降、ずっとパ・リーグのチームが制覇しています。
楽天→ソフトバンク→ソフトバンク→日本ハム→ソフトバンク→ソフトバンク

こうやって見るとソフトバンクの強さが際立っていますね。
30年間で7度の日本一はジャイアンツの6度を上回りました。

来年こそはセ・リーグの球団に頑張ってもらいたいです(=゚ω゚)ノ

Number_2018.jpg
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter