記事一覧

ビーアールホールディングス 手持工事は過去最高も…

ビーアールホールディングスは極東興和が中核。
中国、関西地盤のPC橋梁中堅です。

買付日 : 2016年11月
数量 : 100株
取得単価 : 225円

今回は第17期中間報告書と株主優待について紹介します。

表紙の写真は東海北陸自動車道ソヨギ橋です。
日本有数の豪雪地帯のため、施工は夏季に集中して行われたそうです。

ビーアールHD_2018⑤

2019年3月期(2Q)
売上高 10,481百万円(△5.6%)
営業利益 67百万円(△91.2%)
当期利益 7百万円(△98.4%)

長期大型工事の進捗が伸びず減収
・比較的採算性の良い工事の進捗が下半期に集中すること等から減益

一方で上半期の受注高は前年同期比+62.6%と大幅に増加しています。
手持工事高は過去最高を更新しました。

ビーアールHD_2018⑥

株主優待はQUOカードです。
私は100株保有で500円/年2回となっています。

ビーアールHD_2018⑦

手持工事が過去最高なのに工事の進捗が芳しくないのは問題ですね。

報告書には生産性向上、担い手確保、働き方改革が具体的な事例と共に紹介されています。
これらを成果につなげて欲しいですね。

ビーアールホールディングス(東証1部、1726)の主な指標(2019/1/8現在)
株価 : 311円
PER(予想) : 11.04倍
PBR(実績) : 2.22倍
EPS(予想) : 28.16
1株配当(予想) : 7.00円
配当利回り(予想) : 2.25%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
オリジナルQUOカード
100株以上 500円分
1,000株以上 2,000円分
10,000株以上 3,000円分

総合利回り(予想) : 5.47%
上記は100株の場合


行動経済学で「コミットメント」と呼ばれるものがあります。

「他店より1円でも高い場合は値引きします」

家電量販店等で見かけたことありますよね。
実はこれもコミットメントです。

値引き競争に陥りそうな印象がありますが、値引き競争を回避するための策だとか。

コミットメントにより自身の選択の幅を狭めることでかえって得をする。
ゲーム理論で分析されています。

と、今日は柄にもなくアカデミックなことを書いてしまいました。
たまたま見かけて興味深かったので共有まで(=゚ω゚)ノ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter