記事一覧

岡部 生産設備が老朽化したり、操業停止になったり忙しい

岡部は建設向け仮設・型枠、構造機材が柱です。

買付日 : 2017年11月
数量 : 100株
取得単価 : 998円 ※NISA口座を利用

今回は業績と株主優待について紹介します。

2018年12月期(4Q)
売上高 64,785百万円(+6.3%)
営業利益 5,349百万円(+10.4%)
当期利益 3,128百万円(△10.2%)

・建設関連製品事業は省力化製品を中心に販売が好調に推移
・北米の新物流倉庫の活用等により、OCM社の販売が大きく伸張

鋼材価格上昇に対する適切な価格転嫁が実施できています。
一方で自動車関連製品事業は機械設備の老朽化で収益性が低下しています。

次年度は増収増益を計画しています。

首都圏の大規模再開発、災害復興工事等の公共工事の需要を底堅く見込んでいます。
また、課題である老朽化した生産設備の更新を実施する予定です。


株主優待はQUOカードです。
私は100株保有で500円/年2回となっています。

岡部_2019

リフトテーブルの製造・販売を行う河原を完全子会社化しています。
業績は売上高2,420百万円、営業利益365百万円なので、そこそこのインパクトはあるかと思います。

2019/2/1に「海外子会社における一部生産設備の一時的操業停止について」開示しています。

米国で、当局の定める基準を上回る量の有害大気汚染物質を放出していたことが判明しました。
これに伴い特別損失(環境対策費)として656百万円を計上しています。

3/4付のリリースで操業が再開された旨の案内がされています。
決算短信を差し替えしたりとタイミング悪かったですね(経理の実務担当者的視点)

岡部(東証1部、5959)の主な指標(2019/4/19現在)
株価 : 1,008円
PER(予想) : 11.68倍
PBR(実績) : 0.89倍
EPS(予想) : 86.29
1株配当(予想) : 28.00円
配当利回り(予想) : 2.78%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
オリジナルQUOカード
100株以上 500円相当
1,000株以上 1,000円相当
5,000株以上 2,000円相当

総合利回り(予想) : 3.27%
上記は100株の場合


そろそろGWの予定決めないとダメですね(遅い?)
前半は少し予定入っていますが、後半は…
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter