記事一覧

GMOインターネット 財閥系グループの歴史に学ぶ

GMOインターネットはレンタルサーバー等中小企業向けネットサービス展開。
ネット証券再参入。仮想通貨事業育成。

買付日 : 2019年5月
数量 : 100株
取得単価 : 1,600円

6月の権利確定に向けて、現物で確保しましたので紹介します。

2019年12月期(1Q)
売上高 46,863百万円(+7.2%)
営業利益 5,000百万円(△5.1%)
当期利益 2,024百万円(△3.0%)

・インフラは6四半期連続の最高業績、契約件数1,000万件を突破
・金融は一時的な相場変動、取引高減少により減益

仮想通貨の交換事業は取引高減が響き損失を計上しています。
マイニング事業は再構築により赤字幅が大幅圧縮されました。

事業領域は以下の通りです。
売上はインフラ事業が約半分、利益面ではインフラ・金融が二本柱となっています。

決算説明の資料に財閥系グループの歴史に学ぶというスライドがあります。
そこには「インフラ×金融」と書かれています。

昔は交通・海運・鉱山×銀行・保険。
当社の場合はドメイン・ホスティング・決済×ネット銀行・ネット証券。

ま、これは真理だと思います。

GMOインターネット_2019
※「2019年12月期第1四半期決算説明会」資料より引用(以下同じ)

ちなみにGMOはグループ会社が沢山上場しています。
この表は分かりやすくて良いですね(^^)/

当社の時価総額と持分相当額との関係は興味深いですね。
これを肴にビール3杯はいけそうです。

ちなみに当社が親玉ということを知らなかったのはナイショです…

GMOインターネット_2019②

株主優待の内容に魅力を感じて購入しました。

特に「GMOクリック証券の売買手数料キャッシュバック」は嬉しいですね(=゚ω゚)ノ
これでクロス取引の効率化が図れます。

くまポンギフト券は微妙という話を良く目にします。
これは皆さんの頑張りを参考に活用したいと思います!(他力本願)

GMOインターネット(東証1部、9449)の主な指標(2019/5/15現在)
株価 : 円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 3.62倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
(1)おトクなクーポンサイトGMOくまポンギフト券2,000円分
(2)GMOクリック証券におけるGMOインターネット株式の買付手数料相当額のキャッシュバック
(3)GMOクリック証券における売買手数料上限5,000円をキャッシュバック
(4)自社グループが提供する各種サービスの利用料5,000円分

総合利回り(予想) : -%


LOFTのアプリで訪問時にサンプルを頂きました。
ちゃんと見ていなかったのですが男性用だったようです。

せっかくなので出勤前にスプレーしています。
ほのかに香るひとがいれば、それは私かもしれませんね(^^)/

LOFT_2019②
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter