記事一覧

日本BS放送 △39.5%

日本BS放送はビックカメラが親会社のBS放送局です。

買付日 : 2015年8月
数量 : 100株
取得単価 : 950円

今回は業績と株主優待について紹介します。

BS11_2019.jpg

2019年8月期(2Q)
売上高 6,076百万円(+2.0%)
営業利益 953百万円(△39.5%)
当期利益 646百万円(△39.5%)

・売上は単位ではタイム、スポット収入ともに減少も、連結ではプラス着地
・番組関連費用(番組購入費、番組制作費)、広告関連費用の増加により減益

どうでも良いですが、営業利益・経常利益・当期利益ともに前年同期比△39.5%です。
偶然って凄いですね(^^)/

株主優待はビックカメラ商品券です。
100株保有で1,000円/年2回、長期保有で+1,000円/年1回です。

有効期限がないのは安心・便利です。

BS11_2019②

業績予想の数値は変更なしです。
もともと増収減益の保守的な数値となっていましたので。

日本BS放送(東証1部、9414)の主な指標(2019/5/23現在)
株価 : 1,070円
PER(予想) : 13.61倍
PBR(実績) : 1.11倍
EPS(予想) : 78.64
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 1.87%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
100株以上 ビックカメラ商品券(1,000円券)

(8月末)100株以上を1年以上継続保有
100株以上 ビックカメラ商品券(1,000円券)を追加贈呈

総合利回り(予想) : 3.74%
長期保有の場合は4.67%


「これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 3」(青木祐子/集英社オレンジ文庫)
を読みました。
※2019年9冊目

これは経費で落ちません!3_2019

「怒られること、責められることに異常に弱い人間がいる。」

トラブルやミスが発生した時にどう対応するか。
その人の本性が出ますよね。

なお、私は仕事に関しては風車の理論を採用しています。
意味がちょっと違うかな?

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter