記事一覧

トリドールホールディングス 減配!

トリドールHDは焼き鳥店が発祥。
低価格のセルフ式うどん「丸亀製麺」にシフト。海外でも積極展開。

買付日 : 2015年9月
数量 : 100株
取得単価 : 1,499円

今回は第29期株主通信と株主優待について紹介します。

トリドール_2019③

2019年3月期(4Q)
売上収益 145,022百万円(+24.5%)
営業利益 2,302百万円(△69.8%)
当期利益 267百万円(△94.3%)

・売上は事業規模の拡大(海外事業)により大幅増収
・利益は主に減損損失の計上に伴い大幅減益

当社はIFRSを採用しているため、減損損失が営業利益に効いてきます。
3,432百万円(国内2,590、海外・子会社等1,040)の減損損失を計上しています。

主力の丸亀製麺のセグメント利益は△1,553百万円となっています。
原価率が改善するも、人件費率および水道光熱費等の上昇により利益率が悪化しています。

また、間接部門の人件費増、外部委託費増によりその他が△1,214百万円も影響大きいです。

トリドール_2019④

日本式カレー業態“MONSTER CURRY”がグループ入りしています。
シンガポールで圧倒的シェアNo.1だそうですが、市場規模は大きいのでしょうか?

トリドール_2019⑤

株主優待は割引券です。
100株で2,000円/年2回となっています。

現在は平日ランチで丸亀製麺利用が多いのですが、持っていくのを忘れるのが難点です。
(会社の机に忍ばせています)

トリドール_2019⑥

次期の業績予想です。

丸亀製麺セグメントは前年比3~4%の増加を目指します。
海外事業セグメントは営業利益+16.3%と更なる伸長を目指します。

当期の減損損失の剥落で増益を確保するといった形となっています。


当社は簡単に減配するんですね。

前期26.5円(24.68%)→今期1.5円(24.10%)→次期12.5円(20.56%)
()内は配当性向

配当予想は30円だったのですが…
配当金計算書を見た時に違和感ありました。これだけ下がると体が自然と反応します(笑)

配当よりはM&Aによる成長というステージだと思います。

トリドールHD(東証1部、3397)の主な指標(2019/7/4現在)
株価 : 2,282円
PER(予想) : 37.53倍
PBR(実績) : 2.86倍
EPS(予想) : 60.80
1株配当(予想) : 12.50円
配当利回り(予想) : 0.55%

株主優待
権利確定月 3・9月末日
100円割引券 10枚綴り
100株以上 2シート(2,000円分)
500株以上 6シート(6,000円分)
1,000株以上 10シート(10,000円分)

総合利回り(予想) : 2.30%
上記は100株の場合


前回の記事で紹介した情報誌「かわら版」をゲットしました(^^)/
表紙にはうどん100円OFFのクーポン、次ページ以降も様々なクーポンが付いています。

結構お得なので見かけたらぜひ手に取ってください(=゚ω゚)ノ
すぐ在庫切れになるのが難点です。

トリドール_2019⑦
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter