記事一覧

ユナイテッド・アーバン投資法人 負ののれん依存から脱却へ

ユナイテッド・アーバン投資法人は2012年10月に投資しています。

96,500円で購入。
用途分散を行う総合型銘柄のREITです。スポンサーは丸紅。

第21期の決算説明資料によると、用途別投資比率は以下の通りです。
・オフィスビル 40.8%
・商業施設 36.0%
・ホテル 12.8%
・住居 7.5%

ユナイテッド・アーバン投資法人(東証、8960)の主な指標(2014/7/25現在)
投資口価格 : 164,700円
1株分配 : 2,810円(14年11月期)→ 2,880円(15年5月期)
分配金利回り : 3.45%
NAV倍率 : 1.58

さて、分配金ですが、2010年12月に日本コマーシャル投資法人と合併し、その合併差益に
よる内部留保(負ののれん)を充当することで2,750円を維持する状態が続いていました。

しかし、第21期において、1口当たり分配金は2,804円となり、「負ののれんを使用せずに
1口当たり分配金2,750円以上」という目標を達成しました。

今後、負ののれん(14年5月末時点で残高77億円)の経常的な分配金への充当は行わず、
以下のようなケースに活用するようです。
1.機動的な資本調達を通じた外部成長の促進
2.中長期的観点に立ったポートフォリオ運営
3.税務と会計の取扱いの不一致等への対応

今後も安定的に分配金を受領できそうで何よりです。

ユナイテッド・アーバン_2014
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter