記事一覧

大戸屋ホールディングス 不適切動画事案の影響は?

大戸屋ホールディングスは「大戸屋ごはん処」を直営・FCで首都圏中心に展開。

買付日 : 2017年11月
数量 : 100株
取得単価 : 2,065円

今回は第36期株主通信と株主優待について紹介します。

大戸屋HD_2019

2019年3月期(4Q)
売上高 25,729百万円(△2.0%)
営業利益 414百万円(△34.7%)
当期利益 55百万円(△73.0%)

・国内既存店の客数減により減収
・人件費、水道光熱費などの販管費の増加により減益

不適切動画事案が業績に影響を与えています。

3月の既存店売上高は前期比92.5%、客数は89.2%となりました。
※3/12一斉休業の影響は2~3%

また一斉休業に際してはFCに対して補償金40百万円を支払っています。
しっかりと求償して欲しいと思います。

大戸屋HD_2019②

新業態が紹介されています。
あまり大戸屋との違いを感じることはできませんね。

それよりもテイクアウト・宅配強化には魅力を感じています。
実施店舗では売上高の約10%を占めるまでに拡大しており、今後の展開に期待が持てそうです。

大戸屋HD_2019③

4月からは新グランドメニューを展開しています。
グランドメニュー数の削減、食材の統一、調理工程の見直し等の改善を実施しています。

これにより提供時間を2分程度短縮することができたようです。
回転悪いですからね…

大戸屋HD_2019④

株主優待は食事券です。
100株3年未満で2,500円/年1回となっています。

大戸屋HD_2019⑤

8/8に1Q決算を開示しています。
売上高はマイナス、営業損失ということで回復には時間を要する見込みです。

大戸屋ホールディングス(東証JQS、2705)の主な指標(2019/8/23現在)
株価 : 2,170円
PER(予想) : 54.16倍
PBR(実績) : 3.64倍
EPS(予想) : 40.07
1株配当(予想) : 25.00円
配当利回り(予想) : 1.15%

株主優待
権利確定月 3月末日
①食事券(500円)または②精米
100株以上 3年未満 ①2,500円相当②2kg 3年以上 ①3,000円相当②2kg
1,000株以上 3年未満 ①13,000円相当②10kg 3年以上 ①14,000円相当②10kg

総合利回り(予想) : 2.30%
上記は100株、3年未満の場合


先日「豚と野菜の豆鼓炒め定食」を食べました。

近所の中華料理屋さんで豆鼓炒めを食べたところすっかりハマったのです(^^)/
うん、近所の中華料理屋さんの方が美味しいな…

大戸屋HD_2019⑥
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter