記事一覧

ガンホー・オンライン・エンターテイメント TEPPEN

ガンホーはスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」が収益の柱。
PCオンラインゲーム、家庭用ゲームも展開。

買付日 : 2014年1月、2014年10月
数量 : 50株
取得単価 : 6,170円

今回は「GungHo Business Report Vol.30」について紹介します。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント_2019⑤

2019年12月期(2Q)
売上高 58,677百万円(+37.4%)
営業利益 20,439百万円(+67.1%)
当期利益 13,338百万円(+75.5%)

・パズドラ及びRagnarok Mの貢献によりYoYでは増収
・増収影響、広告宣伝費負担の減少により増益

とはいえ増収増益は1Qのパズドラの年始や周年イベントによるもので、2Q単体は減収減益です。
これは「一旦落ち着いたという状況」(会社談)といえるでしょう。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント_2019⑥

新規価値の創造として期待しているタイトルが「TEPPEN」です。
カプコンとの共同開発でグローバル配信を開始しています。

当社はグローバルタイトルの配信を会社の成長戦略の要としています。
今回の決算説明会資料を読んでいてもその点を強く感じました。

ガンホー(東証1部、3765)の主な指標(2019/11/8現在)
株価 : 2,379円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 2.07倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
なし


「ねんきん定期便」(電子版)が届きました。
しばらく見ていなかった気が…

ま、これだけ見ても仕方ないですね。
とはいえ、少し老後について考えてしまいました(途中でウトウトしてしまいましたが)。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter