記事一覧

昭文社 インバウンド事業は軌道に乗るでしょうか

昭文社は2014年1月に投資しています。

719円で購入しています。

今回は第56期中間報告書について紹介したいと思います。

昭文社_2014④

第2四半期連結累計期間の業績を紹介しますと、売上高は電子売上は堅調でしたが
市販出版物は減少でトータルは横ばい、損益面は経費の執行遅れ等により改善しま
した。

昭文社_2014⑤

内容で一番興味を持ったのが「当社インバウンド事業の取り組み」についてです。

「インバウンド事業」とは海外から日本を訪れる観光客への情報提供を行うもので、
昭文社では今後の重要な成長事業のひとつとして位置づけています。

その「インバウンド事業」を積極的に行うために、業務提携を行い、転換社債型新株
予約権付社債を発行し10億円を調達しています。

※詳細は「株式会社ウィズ・パートナーズとの業務提携及び第三者割当により発行
される第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の募集に関するお知らせ
」を参照

昭文社_2014⑥

インバウンド事業は目の付け所としては良いと思うのですが、収益化が難しい気が
します。

いかに収益につなげていくのか、見守っていきたいと思います。

昭文社(東証1部、9475)の主な指標(2014/12/25現在)
株価 : 876円
PER(予想) : 72.82倍
PBR(実績) : 0.50倍
EPS(予想) : 12.03
1株配当(予想) : 20円
配当利回り(予想) : 2.28%

株主優待
権利確定月 3月末日
100株以上 3,000円相当の自社製品

総合利回り(予想) : 5.71%
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter