記事一覧

ティーライフ 医薬品・機能性表示食品の品揃えを拡充

ティーライフはPB健康茶、化粧品などをカタログ、ネットで販売しています。

買付日 : 2014年3月
数量 : 100株
取得単価 : 698円

今回は第36期株主通信と株主優待について紹介します。

ティーライフ_2019④

2019年7月期(4Q)
売上高 9,286百万円(+27.4%)
営業利益 340百万円(△25.7%)
当期利益 242百万円(△42.8%)

・期首より連結対象とした株主会社Lifeitの売上高が寄与し増収
・小売事業の顧客開拓にかかる広告宣伝費支出により減益

小売事業は「医薬品・機能性表示食品」の販売が順調に推移しています。
第3類医薬品「ティアホワイト」、第2類医薬品「防風通聖散」等の取扱いを開始しています。

卸売事業はテレビショッピングでのサプリメント販売が大きく伸長し、大きな増益となりました。
私はテレビショッピングで買い物した記憶はないのですが、それなりに売れるんですね。

ティーライフ_2019⑤

漢方薬の通信販売事業を譲り受けています。
こちらは顧客層が一致し、通信販売事業とシナジーありそうですよね。

新規ビジネスであるプロパティ事業は順調に拡大しています。
日本の真ん中に位置する袋井センターへの引き合いが増えているとのことです。

ティーライフ_2019⑥

株主優待は優待券です。
私は100株保有で1,000円/年1回となっています。

ティーライフ_2019⑦

将来の成長に向けた先行投資により利益減少が続いています。
その他の事業で業績を下支えするのも大切ですが、やはり主力の小売事業の利益改善が求められます。

ティーライフ(東証1部、3172)の主な指標(2019/12/4現在)
株価 : 899円
PER(予想) : 14.42倍
PBR(実績) : 0.83倍
EPS(予想) : 62.35
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 2.22%

株主優待
権利確定月 7月末日
株主優待券
100株以上 1,000円券1枚
500株以上 2,000円券1枚
1,000株以上 3,000円券1枚

総合利回り(予想) : 3.34%
上記は100株の場合


優待利用履歴です。
最近はいつもルイボスティーにしています。

在庫がなくなると通常注文でも購入しています。
優待のおかげで売上UPですね。 ←理想形(=゚ω゚)ノ

ティーライフ_2019⑧
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter