記事一覧

ビックカメラ 非家電商品の充実

ビックカメラは家電量販大手。ターミナル駅周辺で大型店展開。
ソフマップに加え、コジマを傘下に。

買付日 : 2012年4月
数量 : 100株
取得単価 : 409円

今回は第39期報告書と株主優待について紹介します。

ビックカメラ_2019⑥

2019年8月期(4Q)
売上高 894,021百万円(+5.9%)
営業利益 22,943百万円(△15.2%)
当期利益 14,047百万円(△18.0%)

・ビックカメラ単体、コジマが伸長し増収
・ビックカメラ単体の粗利率の悪化、販管費の増加により減益

パソコンやゲームの販売が伸長し増収となりました。
一方でこれらは収益性が低い商品群で、粗利額は前年を下回っています。

ポイント販促費も12億円増加して収益を圧迫しています。


非家電売り場の充実に取り組んでいます。
顧客ニーズや店舗立地を踏まえ、品揃えやサービス、環境の整備に工夫を凝らしています。

最近は試飲カウンターある店が増えていますね。行ってみなければ(^^)/

ビックカメラ_2019⑦

株主優待は優待券です。
私は100株保有で8月末は1,000円+2年以上継続保有で2,000円となっています。

ビックカメラ_2019⑧

らくらくかんたん買取アプリ「ラクウル」のサービスを拡大させています。

報告書には買取金額1,000円増額というお得なクーポンが付いていました。
家の片づけに利用してみようかな。

ビックカメラ(東証1部、3048)の主な指標(2019/12/17現在)
株価 : 1,256円
PER(予想) : 14.35倍
PBR(実績) : 1.65倍
EPS(予想) : 87.53
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 1.59%

株主優待
株主お買物優待券
<2月末日>
100株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
500株以上 3,000円 (1,000円券×3枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10.000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

<8月末日>
100株以上 1,000円 (1,000円券×1枚)
500株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10,000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

【長期保有株主向け優待制度】
<8月末日>
1年以上2年未満継続保有 株主お買物優待券1枚追加(1,000円券×1枚)
2年以上継続保有 株主お買物優待券2枚追加(1,000円券×2枚)

総合利回り(予想) : 3.98%
100株保有時、長期保有で2年以上の場合は5.57%


「これは経費で落ちません! ~落としてください森若さん~ 5」(青木祐子/集英社オレンジ文庫)
を読みました。
※2019年18冊目

これは経費で落ちません!5_2019

森若さんをとりまく天天社員の人間模様を描く短編集です。

営業部の山崎と経理部の田倉の話が面白かったです。
天才と凡人のコントラストを感じます。

でも田倉の方が良いかな、経理部だし(^^)/

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter