記事一覧

丹青社 南町田拠点創出まちづくりプロジェクト

丹青社は空間ディスプレーの企画、設計大手。
再開発ビルやチェーン店など商業施設、文化施設等に注力。

買付日 : 2020年1月
数量 : 100株
取得単価 : 1,289円

今回は新規購入した銘柄について紹介します。

丹青社_2020

2020年1月期(4Q)
売上高 81,678百万円(△1.2%)
営業利益 5,677百万円(+13.0%)
当期利益 4,074百万円(△3.1%)

・文化施設事業にて前期と比較して大型案件が少なかったこと等により減収
・営業利益は収益性を重視した事業活動に取り組んだ結果、増益

主力の商業その他施設事業の売上高は横ばい、チェーンストア事業は微減です。
その他連結子会社を1社連結除外している影響もあります。

売上総利益率は前期比+1.7ポイントの18.9%となりました。
前述の通り収益性重視の姿勢が結果に表れたようです。

当期利益は前期の政策保有株式の売却益剥落により減益となっています。

丹青社_2020②

「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」の取り組みが紹介されています。

町田市と東急が2013年から取り組んできたものです。
2019年11月に「南町田グランベリーパーク」がまちびらきを迎えました。

こういった開発は楽しいでしょうね(^^)/
収益性も良さそうです(大きな工程戻り等がなければ)。

丹青社_2020③

1月決算なので当期の業績には新型コロナの影響は含まれていません。

次期は影響不可避でしょうが、現時点では影響を織り込まない形で業績予想を出しています。
(決算発表は3/12)

オリパラ案件や大型再開発案件は問題なさそうですが、チェーンストア事業は影響大きそうです。
少し長期的な目線で見ていく必要があると思います。

株主還元は連結配当性向50%以上が基本方針です。
今の配当利回りは参考程度に。

丹青社(東証1部、9743)の主な指標(2020/4/24現在)
株価 : 656円
PER(予想) : 7.43倍
PBR(実績) : 1.10倍
EPS(予想) : 88.35
1株配当(予想) : 44.00円
配当利回り(予想) : 6.71%

株主優待
なし


世間的には4/25からGWに突入しているようです。
確かに連休取得すれば休みはつながりますからね。

私は4/30・5/1に休暇を取る予定です。
当然どこに出掛ける訳でもないので、ゆっくりと過ごしたいと思います。

テーマは“消化”と“掃除”でお部屋スッキリの予定です(=゚ω゚)ノ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter