記事一覧

ポーラ・オルビスホールディングス 新型コロナの影響は?

ポーラ・オルビスホールディングスは化粧品大手。
高級品のポーラ、通販のオルビスが2大ブランド。

買付日 : 2017年6月
数量 : 100株
取得単価 : 2,999円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2019年12月期(4Q)
売上高 219,920百万円(△11.5%)
営業利益 31,137百万円(△21.2%)
当期利益 19,694百万円(+134.8%)

・ポーラの減収および医薬品事業譲渡の影響を主要因として減収
・上記による人件費、販売手数料が減少も、カバーしきれず減益

前期Jurlique、医薬品事業譲渡に係る特別損失が発生しており、当期利益はプラスです。

ポーラは美容健康食品中心としたインバウンド&バイヤーが減少しています。
また国内は新規獲得・継続化に苦戦しています。

決算資料には「駆け込み反動減、来期も継続見込み」とありますが、そもそも3Qの数値は良くありません。


株主優待は優待ポイントです。
私は100株を保有3年以上で35ポイント/年1回となっています。

30ポイントで「メンズスキンケア ミスターセット(洗顔料/化粧水)」を選択しました。
目指せイケメンキープ(=゚ω゚)ノ

ポーラ・オルビス_2020

当期の配当にはグループ創立90周年記念配当36円が含まれています。
次期には剥落し、80円/年に戻りますが。

次期の業績予想には新型コロナの影響を織り込んでいます(2/14時点)。
売上高は△9,500百万円、営業利益は△3,100百万円を見込んでいます。

チャネルはインバウンド&バイヤー、免税店、中国本土店舗、香港店舗。
期間は2020年6月までの約6ヵ月間です。

おっと、日本が入っていないですね…
(2/14では仕方ありませんが)

ポーラ・オルビスホールディングス(東証1部、4927)の主な指標(2020/4/1現在)
株価 : 1,972円
PER(予想) : 21.81倍
PBR(実績) : 2.29倍
EPS(予想) : 90.41
1株配当(予想) : 80.00円
配当利回り(予想) : 4.06%

株主優待
権利確定月 12月末日
優待ポイント(1ポイント=約100円相当)
100株以上 3年未満: 15ポイント、3年以上: 35ポイント
400株以上 3年未満: 60ポイント、3年以上: 80ポイント
1,200株以上 3年未満: 80ポイント、3年以上: 100ポイント
2,000株以上 3年未満: 100ポイント、3年以上: 120ポイント
※ポイントの繰越有効期限は3年

総合利回り(予想) : 4.82%
上記は100株、3年未満の場合


送別の品としていただきました(^^)/

Hydro Flaskのマグカップです。
蓋をすると保温効果高いですね。やけどに注意する必要ありますが。

Hydro Flask_2020
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter