記事一覧

ジェイグループホールディングス 収益構造改革に着手、新規出店よりリニューアル

ジェイグループホールディングスは居酒屋「芋蔵」や「ほっこり」など飲食店を東海地盤に展開。
「博多かわ屋」の全国展開推進。

買付日 : 2012年7月 ※立会外分売
数量 : 200株
取得単価 : 333円

今回はBUSINESS REPORT 2020と株主優待について紹介します。

ジェイグループHD_2020③

2020年2月期(4Q)
売上高 14,210百万円(△5.6%)
営業利益 91百万円(-%)
当期利益 △174百万円(-%)

・店舗整理や大型台風及び消費税増税の営業により減収
・収益構造改革に着手したことや不動産事業におけるテナントビル売却により増益

10月の台風19号の影響により78店舗を休業をしたことにより売上高が減少しています。
(居酒屋業態の既存店売上高は前年比87.7%)

一方で2月はコロナの影響とありますが(同96.0%)、他の月と代り映えしない結果です。

不動産事業のテナント売却で営業増益、黒転を作った形です。

ジェイグループHD_2020④

不採算店舗の整理等による店舗数が減少しています。
業態を絞り込み73業態から65業態へ、総店舗数は7店舗減となっています。

店舗閉鎖損失を101百万円、減損損失を131百万円計上して最終損益は赤字です。


日本酒業態やカジュアル系九州業態へのリニューアルを推進しています。
また、注力するエリアは地盤の東海地方としています。

俺メシさんのツイートで知りましたが、日本橋の豊年萬福閉店はショックです。

ジェイグループHD_2020⑤

株主優待は優待券です。
私は200株保有で4,000円/年2回となっています。

最近ちゃんと見ていなかったのですが、代替商品にカタログギフトが追加されています。

ジェイグループHD_2020⑥

次期の業績予想、配当予想は未定となっています。

外部から招聘した中川氏が新社長(取締役社長)に就任しています。
KRホールディングスの代表取締役社長の経験者です。

なお、新田氏は「代表取締役」となっています。

ジェイグループホールディングス(マザーズ、3063)の主な指標(2020/6/1現在)
株価 : 588円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 2.33倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
自社グループ国内直営全店舗(一部店舗除く)で利用できる「お食事優待券」
100株以上 2,000円 (年間4,000円)
200株以上 4,000円 (年間8,000円)
600株以上 8,000円 (年間16,000円)
1,000株以上 12,000円 (年間24,000円)

総合利回り(予想) : -%
上記は100・200株の場合


もうすぐ梅雨ですね。

在宅勤務していると窓を開けることができるか否かで環境は大きく変わります。
ようやく花粉の影響もなくなったのに…
関連記事

スポンサーリンク

コメント

No title

こんばんは^^
ジェイグループはうな匠でしか使っていませんが
他にも魅力的なお店がありますね♪
在宅勤務で窓を開けられるかどうかは
重要ですよね~。今はさわやかな風が入ってくるし花粉もなくて最高なのですけどね^^;

No title

小坊主さん>

こんばんは~(^^)/

やはりうな匠は良いですよね。
2回分まとめて使うと贅沢ができます!

今日は蒸し暑かったですが、窓を開けて耐えることができました。

窓を開けるのは夕立の音を聞き取るにも重要です。
洗濯物干していたので(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter