記事一覧

日本たばこ産業(JT) 力強い単価上昇効果

日本たばこ産業(以下、JT)はたばこ事業を中核に、食品、医薬品も展開。

買付日 : 2013年4月、2018年2月・12月
数量 : 300株
取得単価 : 3,650円、3,500円、2,810円 ※200株はNISA口座を利用

今回は業績報告書vol.65について紹介します。

JT_2020⑥

2020年12月期(2Q)
売上収益 1,030,218百万円(△2.7%)
営業利益 251,989百万円(△19.1%)
当期利益 172,495百万円(△23.8%)

・海外たばこ事業での増収はあるものの、その他事業での減収により減少
・為替⼀定調整後営業利益はプラスも、為替影響により減益

国内たばこ事業は大幅な減収減益です。
紙巻販売数量の減少、国内免税および中国事業の減収等に加え、マーケ投資が響きました。

海外たばこ事業は主要市場でのシェア増加はあるものの、総販売数量は減少しています。
一方で力強い単価上昇効果により増収増益を確保しています。

JT_2020⑦

上述した通り、Ploomの販促を強化しています。

こちらではメンソール特化型商品や定額プランが紹介されています。
正直たばこ吸わないので全く分かりませんが…

JT_2020⑧

通期の業績予想を修正しています。

主要因はコロナ禍と為替影響です。
配当予想154円/年は据え置きとしていますが、EPS予想が161.21円なので当面は維持が限界かな。

JT(東証1部、2914)の主な指標(2020/10/1現在)
株価 : -(1,920)円
PER(予想) : 11.9倍
PBR(実績) : 1.33倍
EPS(予想) : 161.21
1株配当(予想) : 154.00円
配当利回り(予想) : 8.02%

株主優待
権利確定月 12月末日
自社・グループ会社商品
100株以上 2,500円相当
200株以上 4,500円相当
1,000株以上 7,000円相当
2,000株以上 13,500円相当
※1年以上継続保有

総合利回り(予想) : 9.32%
上記は100株の場合


ドラマ「半沢直樹」が終了しましたね。

私はHDに録画していたのですが、テレビ買い替えした時に強制初期化されて1-5話が消去…
その後6話から見るか~と思っていたのですが、最終回前の無料配信で一気に取り戻しました。

さて、これで6話からゆっくりと見ることができます(笑)
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter