記事一覧

ムゲンエステート 売上高の推移を見ると…

ムゲンエステートは首都圏1都3県で中古不動産の買い取り・再販を展開。

買付日 : 2016年11月
数量 : 100株
取得単価 : 647円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2020年12月期(2Q)
売上高 14,262百万円(△24.1%)
営業利益 812百万円(△50.8%)
当期利益 333百万円(△63.2%)

・不動産買取再販事業の販売件数が伸び悩み減収
・一方で販管費は増加し、減益幅拡大

決算短信の1枚目の良い所は2期比較で前年にはその前年との比較が記載されている点です。
当社の場合、今期の売上高は前期比△24.1%、前期は△23.7%なので2年で約40%ダウンしています。

ちなみに2年前の売上高は24,631百万円、3年前の売上高は31,576百万円でした…
これは恐ろしい( ̄^ ̄)ゞ

以下は不動産買取再販事業における状況です。

投資用不動産は売上高・平均販売単価・販売件数すべてが前年同期比で減少しています。
海外投資家への販売は売上高が前年同期比で減少(△776百万円)しています(構成比は約20%)。

販管費は本社移転費用及び租税公課の増加により前年同期比+8.6%です。
販売手数料が減少しているのにこの結果です。

なぜこの1-6月でこれだけ売上落として人件費が増える…


株主優待はQUOカードです。
100株で1,000円/年1回となります。

ムゲンエステート_2020④

8/7の2Q決算時においても通期の業績予想、配当予想を未定としています。
この時点で何のガイダンスも出せないのは余程自信がないのでしょうね。

ムゲンエステート(東証1部、3299)の主な指標(2020/10/16現在)
株価 : 501円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 0.54倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 6月末日
オリジナルQUOカード
100株以上 1,000円分
500株以上 2,000円分
1,000株以上 3,000円分
※継続保有期間 1年以上

総合利回り(予想) : -%
上記は100株の場合


最近コンビニは1つ買うと1つもらえるといったキャンペーンを良くしていますよね。
ソフトドリンクで実施していることが多いです。

QUOカードがあるのでちょくちょく参加していますが、冷蔵庫がペットボトルだらけに…
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter