記事一覧

田谷 負のスパイラル

田谷は直営美容室を全国にチェーン展開。
関東・首都圏と福岡が地盤。

買付日 : 2013年2月
数量 : 100株
取得単価 : 730円

今回は第47期中間報告書と株主優待について紹介します。

田谷_2020④

2021年3月期(2Q)
売上高 3,121百万円(△31.6%)
営業利益 △732百万円(-%)
当期利益 △802百万円(-%)

・一部店舗の休業や営業時間の短縮、来店周期の伸び等で減収
・コスト削減に努めるも売上高の減少を補えず大幅赤字を計上

売上高が31億円で売上原価が33億円ではチト厳しいですね…
粗利が△2億円はサービス業では考えにくいレベルだと思います。

この当期純損失により純資産は前年期末の20億円から12億円に減少しています。
通期の業績予想は△15億円ですから、次期は債務超過の危険性が出てきました。

こういう状況ですから美容師確保にも苦戦しているようです。
負のスパイラルに陥っています。

田谷_2020⑤

株主優待は優待券です。
私は100株保有で2,200円/年2回となっています。

TAYAアプリの案内も同封されています。

来店客限定のオンラインショップですが、株主も利用できるようになったそうです。
株主優待は利用できないようですが。

田谷_2020⑥

業績が悪くなってからずっと優待改悪/廃止リスクが気になっています。
しかし、一向にその気配なく(良いことなのですが)、数年が経過しました。

集客への効果が期待できる、優待券以上の利用が見込めるという点を評価しても良いのかも。
こういうこと書くと逆方向に振れそうで怖いですが( ̄^ ̄)ゞ

田谷(東証1部、4679)の主な指標(2020/12/16現在)
株価 : 550円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 2.22倍
EPS(予想) : -303.18
1株配当(予想) : 0.00円
配当利回り(予想) : 0.00%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
優待券
100株以上(2,200円)1枚
500株以上(6,600円)1枚
1,000株以上(6,600円)2枚
※店舗にて優待券を利用できない場合、優待券に代えてヘアケア商品と引き換え

総合利回り(予想) : 8.00%
上記は100株の場合


12/15までイオンで花王対象商品購入時にWAONで支払うと最大40%還元となりました。
という訳でクイックルミニワイパー他を購入しました。

珍しくTVCMで欲しいなと思った商品でした。
まだ一度しか利用していませんが掃除が楽になった気がします。

イオン_2020⑧
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter