記事一覧

コメダホールディングス 下期は業績好調

コメダホールディングスは「珈琲所 コメダ珈琲店」を展開。

買付日 : 2016年6月
数量 : 100株
取得単価 : 1,867円(調整後の取得価額は1,744円)

今回は業績と株主優待について紹介します。

コメダホールディングス_2020⑤

2021年2月期(2Q)
売上収益 13,479百万円(△12.1%)
営業利益 2,404百万円(△38.9%)
当期利益 1,600百万円(△39.8%)

・既存店の売上減少により卸売収入が大幅減
・売上減少及びコロナ関連費用により減益

卸売収入は△1,817百万円となっています。
既存店が大きくマイナスですが、新規出店に伴う店舗開発、リースで賄っています。

新規出店に係る売上の内容は以下の通り。
店舗開発:新規出店時に当社グループが指定する内装設備の販売、施工指導料など
リース:FCへの店舗転貸による賃料等に係る売上収益

コロナ関連費用△597百万円は加盟店支援や減損損失となっています。

コメダホールディングス_2020⑥

株主優待制度を拡充しています。
紹介したことあるかもしれませんが、あまり記憶にはありません。

3年以上継続保有かつ300株以上保有の場合に追加で1,000円チャージとなっています。

コメダホールディングス_2020⑦

株主優待はKOMECAへのチャージです。
100株以上で1,000円/年2回となっています。

コメダホールディングス_2020⑧

下期(9~11月)のFC向け卸売売上は順調に推移しています。
期末総店舗数も9~14店舗増予定です。

12月は怪しい感じですが、業態/ブランドとしての強さは感じます。

コメダホールディングス(東証1部、3543)の主な指標(2020/12/18現在)
株価 : 1,845円
PER(予想) : 23.85倍
PBR(実績) : 2.53倍
EPS(予想) : 77.35
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
100株以上 1,000円分をプリペイドカード「KOMECA」にチャージ

総合利回り(予想) : -%


久し振りにTSUTAYAでCDをレンタルしてきました。

セルフレジに苦戦し、中身のCDが入っていないのにそのまま外に出ようとしたりと恥をかきました…
自分が老化していることを認識しました( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter