記事一覧

オリエンタルランド 2022年1月31日

オリエンタルランドは東京ディズニーランド・シーを運営。

買付日 : 2015年3月
数量 : 400株
取得単価 : 9,325円

今回は株主通信2020年秋冬号と株主優待について紹介します。

オリエンタルランド_2020⑥

2021年3月期(2Q)
売上高 59,149百万円(△76.2%)
営業利益 △24,178百万円(-%)
当期利益 △30,095百万円(-%)

・臨時休園の実施や入園数を制限した運営により減収減益
・通期でもテーマパークの入園数制限の継続により減収減益

ゲスト1人当たり売上高は増加しています。
(11,504円→13,125円)

これはチケット価格改定影響に加え、コアファンにより需要増・入場券種の限定効果もあるようです。

オリエンタルランド_2020⑦

9/28には大規模開発エリアがオープンしています。
当面の間は各施設の利用人数を制限しての運営となります。

オリエンタルランド_2020⑧

株主優待は株主用パスポートです。
私は400株保有していますので2枚/年となっています。

有効期限は2020年6月30日と印字されているもの以降はすべて「2022年1月31日」となります。
有効期限の更なる延長は予定していませんとのことです。

抽選で申し込んでね、とのことです。
当選確率どの程度なんでしょうか?

オリエンタルランド_2020⑨

私は4枚保有しているので良い塩梅で利用できればと考えています(^^)/

オリエンタルランド(東証1部、4661)の主な指標(2021/1/12現在)
株価 : 16,190円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 6.78倍
EPS(予想) : -156.11
1株配当(予想) : 26.00円
配当利回り(予想) : 0.16%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
所有株式数に応じて、株主用パスポートを配布
(100株以上は年間1枚、400株以上は各1枚で年間2枚)

総合利回り(予想) : 0.67%
上記は100株の場合(1デーパスポート8,200円で計算)


3/20入園分からランド、シーともに変動価格制を導入します。

繁忙期は高くなり、閑散期は安くなるという例のヤツですね。
今までの価格(8,200円)が最低で変わらず、上限は8,700円となります。

ま、実質的には値上げですね。
変動幅はまだ可愛いものかなと思います。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter