記事一覧

日本たばこ産業(JT) 飲料製品の製造販売事業からの撤退で株主優待への影響は?

日本たばこ産業(以下、JT)は2013年4月に投資しています。

3,650円で購入しています。

今回は2015/2/4に発表された「JT 飲料製品の製造販売事業からの撤退について
について紹介したいと思います。

発表によると、JT 飲料製品の製造・販売を2015 年9 月末を目途に終了することに
なります。

「ルーツ」や「桃の天然水」のシェアを考えると他メーカーへのブランド譲渡は難しい
と思いますので、残念ながらブランド消滅となりそうです。

自販機オペレーター事業は継続するようですが、残る事業とのシナジーはありません
ので早晩他メーカーへ売却することになるかと思います。

そうなると気になるのが株主優待の取り扱いです。

現行の株主優待制度では、100株保有の場合は「飲料詰め合せセット」一択でした。
次回からは加工食品が代替選択肢となりそうです。

JT_2014⑧

翌日2015/2/5には増配(100円→108円)と自己株式の取得(1,000億円上限)を
発表と、株主フレンドリーな会社なので、継続保有したいと思います。

JT(東証1部、2914)の主な指標(2015/2/6現在)
株価 : 3,384.5円
PER(予想) : 15.90倍
PBR(実績) : 2.42倍
EPS(予想) : 212.92
1株配当(予想) : 108円
配当利回り(予想) : 3.19%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
100株以上 1,000円相当の自社商品
200株以上 2,000円相当の自社・グループ会社商品
1,000株以上 3,000円相当の自社・グループ会社商品
2,000株以上 6,000円相当の自社・グループ会社商品

総合利回り(予想) : 3.78%
上記は100株の場合
関連記事

スポンサーリンク

コメント

優待っていってもあまり価値の無い優待でしたからねぇ。
この際廃止でもいいのではないかな?増配もしたんだから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter