記事一覧

GMOインターネット キャッシュバック!

GMOインターネットはレンタルサーバー等中小企業向けネットサービス展開。
ネット証券再参入。仮想通貨事業育成。

買付日 : 2019年5月
数量 : 100株
取得単価 : 1,600円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2020年12月期(4Q)
売上高 210,559百万円(+7.3%)
営業利益 27,893百万円(+10.3%)
当期利益 10,284百万円(+23.4%)

・インフラ(+15.1%)により増収
・インフラ(+15.8%)、金融(+24.7%)により増益

インフラはEC・決済・アクセスをはじめ各商材が伸長しました。

金融はFXが取引高世界No.1を奪還。
CFDが顧客基盤拡大、第2の主力商材として利益貢献しています。

金融は売上高308億円で営業利益106億円です。
営業利益率は34.4%と高収益ビジネスですね。


株主優待は各種サービスです。
GMOクリック証券のキャッシュバック、GMOくまポンギフト券を利用しています。

GMOインターネット_2021

総還元性向は50%を指向しています。

そのうち配当性向は33%以上としています(四半期配当)。
残りは自己株式の取得17%で利益を原資に翌年実施することにしています。

当期は前期比+6.6円の30.8円の配当になりました。
ボラが高い事業があるので安定感には少し欠けますが、成長基調ではあります。

GMOインターネット(東証1部、9449)の主な指標(2021/4/26現在)
株価 : 3,175円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 6.81倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
①GMOクリック証券におけるGMOインターネット株式の買付手数料相当額のキャッシュバック
②GMOクリック証券における売買手数料上限5,000円をキャッシュバック
③自社グループが提供する各種サービスの利用料5,000円分
④金融系サービスを検討中(詳細未定)
※6ヶ月以上継続保有

総合利回り(予想) : -%


GMO株主優待の利用履歴です。

GMOクリック証券の売買手数料キャッシュバック。
5月入金分は4,915円、11月入金分は1,338円で計6,253円になりました。

配当と合わせるとかなりの高還元率ですね(=゚ω゚)ノ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter