記事一覧

第一興商 業績予想で当期利益のみ未定の要因は?

第一興商は業務用通信カラオケ「DAM」で業界首位。
直営で「ビッグエコー」や飲食店運営。

買付日 : 2019年7月
数量 : 100株
取得単価 : 4,640円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2021年3月期(4Q)
売上高 93,316百万円(△36.2%)
営業利益 △2,693百万円(-%)
当期利益 △18,782百万円(-%)

・カラオケ・飲食店舗事業が大幅に減収
・カラオケ・飲食店舗事業が大幅に減益(営業損失)

業務用カラオケ事業は△20%程度の減収減益にとどまっています。
これはビジネススキームによりますね。
機器賃貸料及び情報提供料において、事業者支援の観点から一部減免施策などを実施しています。

カラオケ・飲食店舗事業は臨時休業、感染再拡大により厳しい内容でした。
一方で「ザ・パーク」ブランドで展開するパーキング事業は駐車場の新規開設が好調に推移しました。

紙の報告書はありませんでしたが、駐車場用地募集中のチラシは入っていました( ̄^ ̄)ゞ

第一興商_2021②

株主優待は優待券です。
100株で5,000円/年2回となっています。

第一興商_2021③

次期の業績予想は当期利益は未定としています。

これは以下の理由によります。
・特別利益に計上する助成金収入の予測が難しいこと
・次期にコロナ影響が残った場合、店舗設備の減損が発生する懸念があること

結局次期に影響残り続けていますからね…
また緊急事態宣言で対象地域の店舗は一部を除いて臨時休業となっています。

いくら好財務の当社でも辛いですね。

第一興商(東証1部、7458)の主な指標(2021/8/4現在)
株価 : 3,810円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 1.99倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : 113.00円
配当利回り(予想) : 2.97%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
優待券(500円券)
100株以上 10枚
1,000株以上 25枚

総合利回り(予想) : 5.59%
上記は100株の場合


サンマルクカフェのHAPPY SUMMER BOXを購入しました。
若干戯れの要素が大きいです。

さて今回から用意されたスクラッチは50円引きでした(笑)

サンマルクHD_2021②
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter