記事一覧

日本製紙 原燃料価格が重し

日本製紙は製紙2位。
家庭紙は「スコッティ」「クリネックス」ブランド。

買付日 : 2020年3月
数量 : 100株
取得単価 : 1,400円

今回は第98期第2四半期株主通信について紹介します。

日本製紙_2021③

2022年3月期(2Q)
売上高 508,402百万円(+8.8%)
営業利益 8,113百万円(+104.3%)
当期利益 2,196百万円(-%)

・前期のコロナ禍反動や豪州・ニュージーランドの板紙パッケージ事業取得により増収
・前期の豪州・ニュージーランドの板紙パッケージ事業の取得関連費用がなくなったことにより増益

紙・板紙事業は+18億円の増益です。
数量・売価は+32億円、原燃料価格△40億円、コストダウン等+26億円という内訳です。

生活関連事業は△42億円、こちらも原燃料価格の上昇が影響しています。
取得関連費用は+58億円です。

日本製紙_2021④

通期の業績予想を下方修正しています。

こういった状況なので、値上げを実施します。
白板紙の価格修正についてリリースが出ています。
(3/1出荷分から実施、値上げ幅は15%以上)

また釧路工場の紙・パルプ事業からの撤退を完了、石巻工場N抄紙機の停止を決定しています。

日本製紙(東証1部、3863)の主な指標(2022/1/7現在)
株価 : 1,148円
PER(予想) : 132.56倍
PBR(実績) : 0.31倍
EPS(予想) : 8.66
1株配当(予想) : 40.00円
配当利回り(予想) : 3.48%

株主優待
自社グループで製造・販売している家庭用品詰め合わせ
100株以上 一律1セット

総合利回り(予想) : -%


年末に掃除で水を多く使った影響か指先がボロボロです。
iPhoneの指紋認証がかなりの頻度で上手くいかずイラっとします。

ハンドクリーム塗っているんだけどな~
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter