記事一覧

DC(確定拠出年金) 資産配分を決めました

会社の制度が変更になり、年金については今年からDB(確定給付年金)から
DC(確定拠出年金)となりました。

DCの資産配分を検討する時に参考にしたのが、山崎元氏の「全面改訂 超簡単 
お金の運用術」です。


全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
(2013/09/13)
山崎 元

商品詳細を見る


特に以下の点を参考にしました。
・自分の資金全体の運用計画を決めて、DCにその一部を割り当てる
・運用益非課税のメリットが生きる期待収益率の高いものを選択する

これを踏まえて決定した資産配分が下記の通りです。

DC_2015.png

私の(通常)ポートフォリオは株主優待を重視していることもあり、国内株式が中心
となっています。

これはこのまま踏襲したいという思いがありましたので、DCで外貨建て資産を保有
することで全体のバランスを確保することにしました。

その際の資産選択としては期待収益率の高い外国株式を中心としました。
100%外国株式でも良かったのですが、気持ち分散です。

なお外国株式と外国債券はそれぞれ選択したインデックスファンド一択でした。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter