記事一覧

オリックス ORIX USAとORIX Europeが過去最高益

オリックスは総合リース国内首位で、事業多角化・海外展開を推進。
M&Aにも積極的。

買付日 : 2015年3月
数量 : 100株
取得単価 : 1,675円 ※NISA口座を利用

今回はAlive No.62について紹介します。

オリックス_2021⑩

2022年3月期(3Q)
営業収益 1,868,113百万円(+12.2%)
営業利益 282,119百万円(+45.6%)
当期利益 211,341百万円(+48.8%)

・ベース利益はORIX EuropeやORIX USAがアセットマネジメントの拡大で成長
・売却益はORIX USAのPE売却、不動産の物流施設売却等で増加

ORIX USAとORIX Europeが過去最高益で海外を中心に利益成長しています。

ORIX USAは以下の3つのビジネスで米国のミドル・マーケット企業に注力しています。
クレジット、不動産、事業投資(PE)

ORIX Europeは株式・債券や再生可能エネルギー等ファンドのアセットマネジメントを行っています。
RobecoとGravis Capital Managementを中心に、ESG投資を積極推進しているそうです。

オリックス_2021⑪

随分と前の話になってしまいますが、オリックス・バファローズのパ・リーグ優勝には驚きました。

なんと25年振りです。
その25年前を覚えているのが辛いところですが…

やはり投打の柱がしっかりと活躍したことが躍進の原動力でしょうね。

オリックス_2021⑫

優待ですが、継続保有していると9月末時点の権利確定では何も届きません。
3月末の権利確定を楽しみに待ちたいと思います。

オリックス_2021⑬

2021/12/17に弥生の株式譲渡を発表しています。
これにより4Qに1,632億円の株式売却益を計上するということで通期の業績予想を上方修正しています。

また配当予想の修正を行っています。
当初は78円/年ですが、「配当性向33%もしくは78円/年のいずれか高い方」としています。

修正当期利益3,100億円の場合、85円となる計算です。

オリックス(東証1部、8591)の主な指標(2022/2/24現在)
株価 : 2,244.5円
PER(予想) : 8.74倍
PBR(実績) : 0.85倍
EPS(予想) : 256.95
1株配当(予想) : 78.00円
配当利回り(予想) : 3.48%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
100株以上
(1)ふるさと優待 (3月末)
全国各地域の取引先企業が製造・販売する食品・飲料など合計10品程度が
掲載されたカタログの中から1品を選択
3年以上の継続保有で、さらに充実した内容のカタログの中から1品を選択

(2)株主カードの発行 (3月末・9月末)
①京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料金10%オフ
②オリックスレンタカー 基本料金割引、中古車販売割引など
③ふく料理「春帆楼」1ドリンクサービス
④全国40ヶ所以上のゴルフ場で、ドリンク1杯無料
⑤オリックス・バファローズ公式戦ホームゲーム優待 等

総合利回り(予想) : -%


公私ともにトラブルがあり、今日はコメント割愛します( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter