記事一覧

壱番屋 今年は海外、来年は国内で

壱番屋はカレー専門店「CoCo壱番屋」等を直営・FC展開。
TOBでハウス食品グループ本社の子会社に。

買付日 : 2015年7月
数量 : 200株
取得単価 : 2,450円

今回は業績と株主優待について紹介します。

壱番屋_2022②

2022年2月期(4Q)
売上高 45,022百万円(+1.8%)
営業利益 2,855百万円(+11.6%)
当期利益 2,921百万円(+68.3%)

・海外店舗の売上回復により増収
・国内店舗関連は減益も海外関連で増益確保

国内店舗は減収減益となりました。
既存店ベースの売上高は△1.4%(客数△2.8%、客単価1.4%)でした。
一概には言えませんが昨年よりも緊急事態宣言の発出されている期間は長かったです。

海外店舗は既存店ベースで+10.2%、全体では+15.6%でした。

仕入原価ではフライオイルなど上昇したものがあった一方で下落の方が影響大きくなりました。
主に米やチーズの下落によります。


株主優待は優待券です。
私は200株保有で2,000円/年2回となっています。

壱番屋_2022③

次期の業績予想は増収増益としています。

国内の既存店売上高の前提は売上高で+16%を見込んでいます。
内訳は客数+12.5%、客単価+3%です。

既存店売上高の実績は3月99.5%、4月99.0%で完全に未達ペースですね( ̄^ ̄)ゞ

単価は6月から値上げで一定程度の効果は見込めそうです。
カレーで+33円、トッピングは+11~22円となっています。

壱番屋(東証PRM、7630)の主な指標(2022/5/16現在)
株価 : 4,935円
PER(予想) : 47.01倍
PBR(実績) : 5.20倍
EPS(予想) : 104.97
1株配当(予想) : 80.00円
配当利回り(予想) : 1.62%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
優待券(500円券)
100株以上 1,000円相当
200株以上 2,000円相当
1,000株以上 6,000円相当
2,000株以上 12,000円相当

総合利回り(予想) : 2.03%
上記は100株の場合


優待利用履歴です。

いつものヒレカツカレーです。
値上げされると+44円になるのかな。

壱番屋_2022④

珍しくコーンスープ飲んでみました。
コーンスープって私の中では外食しているな~と感じる瞬間です。

壱番屋_2022⑤

こちらはキャンペーンでもらったクリアファイルです。
(キャラとか良く分かっていませんが)

壱番屋_2022⑥
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ