記事一覧

伊藤忠商事 ステップアップ下限配当を再導入

伊藤忠商事は総合商社大手。

買付日 : 2012年9月
数量 : 100株
取得単価 : 785円

今回は業績について紹介します。
伊藤忠商事_2022②

2022年3月期(4Q)
収益 12,293,348百万円(+18.6%)
営業利益 582,522百万円(+44.4%)
当期利益 820,269百万円(+104.3%)

・連結純利益は史上初の8,000億円を突破
・資源価格の異常な高騰が続く中、バランスのとれた収益基盤を維持

連結純利益は3Qまで商社トップを走っていたものの、最終的にはトップの座を譲っています。
当社では資源価格の高騰が要因と分析しているようです。

当社は8,203億円のうち非資源が6,103、資源・その他が2,100となっています。
A社、B社はそれぞれ資源・その他が5,455、5,790です。

まあどこで稼ぐかは戦略で、資源は安定しませんが爆発力(暴発力)がありますからね。
中身を吟味して投資するのが肝要かと。

伊藤忠商事_2022

次期の業績予想は7,000億円と減益予想です。
一方で配当はステップアップ下限を再導入し、130円/年を下限とします。

23年度までに配当性向30%、130円+αを目指します。

伊藤忠商事(東証PRM、8001)の主な指標(2022/6/24現在)
株価 : 3,618円
PER(予想) : 7.60倍
PBR(実績) : 1.27倍
EPS(予想) : 476.33
1株配当(予想) : 130.00円
配当利回り(予想) : 3.59%

株主優待
なし


分かる人には分かると思いますが、今週はせっせと思い麦茶を担いでコンビニから買ってきています。
ちょうどいつも箱買いしているお茶がなくなったので良い機会だと思いまして。

QUOカード使えて気分上々です。
パリピになった気分です(^^)/
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter