記事一覧

松屋フーズホールディングス 出店は複合型店舗中心

松屋フーズホールディングスは「牛めし」や「とんかつ」のチェーンを東名阪中心に全国展開。
カレーやすし業態を育成中。

買付日 : 2020年3月
数量 : 100株
取得単価 : 3,620円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2022年3月期(4Q)
売上高 94,472百万円(+0.1%)
営業利益 △4,200百万円(-%)
当期利益 1,105百万円(-%)

・既存店売上高は前年比98.7%、出店39・退店24
・営業自粛協力金等により経常利益以下は黒字

既存店の数値ですが、売上高は98.7%、入客数は95.9%、客単価は102.9%となっています。

総店舗数は1,207店舗。
牛めし業態979店舗、とんかつ業態188店舗となっています。

とんかつは出退店と業態変更で△9店舗です。
とんかつ好きなんですけど…

出店は複合型店舗(松屋or松のや+マイカリー食堂)中心となっています。
これは良いですね。複合型店舗は153店舗です。


株主優待は食事券です。
継続保有期間1年以上3年未満で10枚/年1回となっています。

松屋フーズ_2022

次期の業績予想は増収増益を見込んでいます。
既存店売上高は105.6%としています。

昨年のハードルが低い上期が109.0%、下期が102.2%です。
4-7月累は109.1%なので今のところオンスケです。

昨日のニュースによると、みそ汁無料サービス中止を札幌市内の11店舗で試験導入しているようです。
導入の理由は「原材料価格と物流費が高騰しているため」だそうです。

定食やセットメニューでの無料提供は継続で、単品メニュー時のサービスが対象のようです。
私単品で注文することほぼないので…

松屋フーズホールディングス(東証PRM、9887)の主な指標(2022/8/24現在)
株価 : 3,885円
PER(予想) : 52.88倍
PBR(実績) : 1.80倍
EPS(予想) : 73.47
1株配当(予想) : 24.00円
配当利回り(予想) : 0.62%

株主優待
権利確定月 3月末日
食事券
100株以上 継続保有期間 1年以上:10枚、3年以上:12枚

総合利回り(予想) : -%
上記は継続保有期間1年以上の場合


優待利用履歴です。
基本は期間限定品をチョイスしています。

松屋フーズ_2022②

こちらはチキンです。
味付け濃い商品多いですよね。

松屋フーズ_2022③
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ