記事一覧

ホットランド 期初に見込んでいなかった為替差益の取り扱い

ホットランドはたこ焼き「築地銀だこ」が主柱。
たい焼き「銀のあん」も展開。

買付日 : 2014年9月 ※上場日
数量 : 100株
取得単価 : 1,055円

今回はHotLand通信と株主優待について紹介します。

ホットランド_2022⑤

2022年12月期(2Q)
売上高 15,429百万円(+11.6%)
営業利益 799百万円(+191.9%)
当期利益 1,001百万円(△16.3%)

・コラボキャンペーンの好調等により増収
・営業外収益の減少及び特別損失の増加により減益

築地銀だこ事業は創業25周年を迎え、「大創業祭」キャンペーンを展開しました。
また「呪術廻戦」や「鬼滅の刃」等のコラボキャンペーンが奏功しました。
デリバリーサービスの拡充や酒場業態の回復も寄与しています。

営業外収益はコロナ協力金の減少、特別損失は減損損失の増加です。


株主優待は優待券です。
私は100株保有で1,500円/年2回となっています。

ホットランド_2022⑥

通期の業績予想に変更はありません。

一方で経常利益、当期利益の数値は2Qの時点で年間の見通しを上回っています。
これは期初に見込んでいなかった為替差益等によるものです。
(2Q時点で為替差益は431百万円)

外部環境は引き続き流動的ということで期初から変更ありませんが明らかに保守的に見えます。

ホットランド(東証PRM、3196)の主な指標(2022/11/2現在)
株価 : 1,395円
PER(予想) : 37.60倍
PBR(実績) : 2.97倍
EPS(予想) : 37.10
1株配当(予想) : 5.00円
配当利回り(予想) : 0.36%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
全国のホットランドグループの各店舗で利用できる優待券
100株以上 1,500円分(年間3,000円)
500株以上 7,500円分(年間15,000円)
1,000株以上 15,000円分(年間30,000円)

総合利回り(予想) : 2.51%
上記は100株の場合


ちょっと古い話になりますが前回の優待券は回数券の購入に充てています。
好きなたこ焼きが選べて有効期限が伸びるのが良いですね(^^)/

ホットランド_2022⑦
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ