記事一覧

コスモス薬品 販売構成比に特徴あり

コスモス薬品は九州地盤のドラッグストア。
ディスカウント徹底。関東圏への出店に意欲的。

買付日 : 2019年5月
数量 : 2株
取得単価 : 9,165円

今回はInterim Business REPORT 2022について紹介します。

コスモス薬品_2023

2023年5月期(2Q)
売上高 404,016百万円(+8.9%)
営業利益 15,385百万円(+2.7%)
当期利益 11,299百万円(+0.5%)

増収:新規出店等による
増益:増収効果

51店舗を新たに開設しています。
3店舗閉鎖で2Q末の店舗数は1,292店舗となっています。

増収は前Qの新店効果もあるでしょうからほぼ新店効果ですかね?
(店舗数の伸びは当期で5%程度)

商品区分別で見ると構成比は大きな変化なし。
化粧品が若干増加(9.6%→9.8%)、過半は一般食品なのでドラッグらしくない構成です。

コスモス薬品_2023②

通期の業績予想、配当予想に変更はありません。

コスモス薬品(東証PRM、3349)の主な指標(2023/3/15現在)
株価 : 11,550円
PER(予想) : 19.71倍
PBR(実績) : 2.28倍
EPS(予想) : 585.88
1株配当(予想) : 85.00円
配当利回り(予想) : 0.74%

株主優待
権利確定月 5月末日・11月末日
①株主様お買物優待券
②全国共通おこめ券
100株以上
継続保有期間 1年未満:①5,000円分(500円券×10枚)または②10kg分
継続保有期間 1年以上:①7,500円分(500円券×15枚)または②15kg分

総合利回り(予想) : 1.17%
上記は継続保有期間1年未満の場合


お土産できびだんこをいただきました。
「福助折紙付めでたきびだんご」というものです。

個別包装のイラストもおめでたい感じですし、これは嬉しいいただきものでした(^^)/

岡山_2023
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter