記事一覧

ドトール・日レスHD グループ全体で100店舗程度の出店を計画

ドトール・日レスHDは傘下にFC主体の喫茶ドトール、「星乃珈琲店」展開する日レスなど。

今回は業績と株主優待について紹介します。
(権利取得はクロス取引にて実施)

2023年2月期(4Q)
売上高 126,864百万円(+16.0%)
営業利益 2,969百万円(-%)
当期利益 3,429百万円(+180.8%)

増収:店舗・FC・卸売事業ともに大幅増
増益(営業利益は黒転):販管費増加も増収でカバー

ドトールの既存店売上高前年比は+13.8%、日レスは+15.1%となっています。
上記情報は決算補足説明資料から情報ゲットしているのですが、客数はなぜか前年表記です。
単純ミスかな?当年の売上高と前年の客数(のみ)を併記する必然性を感じないので…

粗利は直営店舗の売上構成比が増加したことにより、原価上昇を相殺し横ばいとあります。
これは直営店の方が粗利額(率?)が高いということでしょうか。判断が求められる記載は…

販管費は増加傾向も、売上高の上昇に伴い対売上比では低下しています。


株主優待は優待カードです。
私は500株保有で5,000円/年1回となっています。

早速アプリのカードにポイントを統合させました。

ドトール・日レス_2023

次期の業績予想は増収増益となっています。

ドトールは新規出店50店、退店30店と出入りの激しい計画です。
日レスは新規出店50店、退店5店です。

配当は増配を続けていますが、配当性向は26.2%。
まだ増配余地ありそうです(自己資本比率は79.3%)。

ドトール・日レスHD(東証PRM、3087)の主な指標(2023/6/14現在)
株価 : 2,029円
PER(予想) : 16.62倍
PBR(実績) : 0.93倍
EPS(予想) : 122.10
1株配当(予想) : 32.00円
配当利回り(予想) : 1.58%

株主優待
権利確定月 2月末日
株主ご優待カード
100株以上 1,000円分
300株以上 3,000円分
500株以上 5,000円分

総合利回り(予想) : 2.07%
上記は100株の場合


この利回りでは現物保有には踏み切れないのです…
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ