記事一覧

JFLAホールディングス 経営改善計画不発、新たな計画を策定中

JFLAホールディングスは乳製品などの生産・加工や国内外で食品卸。
外食も。

買付日 : 2018年8月
数量 : 500株
取得単価 : 534円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2023年3月期(4Q)
売上高 76,713百万円(+9.0%)
営業利益 △400百万円(-%)
当期利益 △2,197百万円(-%)

増収:生産、流通で増収
減益(営業利益は赤縮、当期利益は赤拡):流通、販売が改善

各セグメントの動向は以下の通りです。

①生産:売上高+8.4%、営業利益△40.4%
値上げ効果等により増収も原材料価格やエネルギー価格の高騰によりコストが前年より大幅に増加

②流通:売上高+19.4%、営業利益△156百万円→314百万円
ホテル・レストラン向けの業務用食材の売上が好調に推移

③販売:売上高△2.5%、営業利益△28百万円→79百万円
事業譲渡、コロナ影響により厳しい経営状態続く

関係会社株式売却損970百万円、事業構造改善費用318百万円を計上しています。
2022年5月に公表した経営改善計画に基づき収益改善に努めていますが思うような成果は表れていません。


株主優待は優待カタログです。
私は500株保有で3,000円/年2回となっています。

昨年同様、揖保乃糸上級品50g×20束としています。
ちょっと違うのは昨年は5つの味の詰合せ、今回は物量で攻めるタイプです。

JFLA_2023.jpg

次期の業績予想は未定となっています。
現在収益構造の見直しを行っており、新たな計画を策定中のためです。

当社も期末から業績悪化企業の説明しない権利を行使中です。
良くないパターンですね( ̄^ ̄)ゞ

JFLAホールディングス(東証STD、3069)の主な指標(2023/6/20現在)
株価 : 322円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 3.14倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
優待カタログより選択
(自社グループ会社が提供する食材、飲料及びレストラン食事券等の商品が掲載)
500株以上 3,000円相当の中から1点
1,000株以上 3,000円相当の中から2点、もしくは6,000円相当の中から1点
2,000株以上 15,000円相当の中から選択

総合利回り(予想) : -%
上記は500株の場合


前回の優待は「九州産牛丼の具」を選択しました。

JFLA_2022⑤

他の優待で貰うパックご飯とセットで食べると楽できます(^^)/

JFLA_2022⑥
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ