記事一覧

プロシップ 高原価の案件が発生し減益

プロシップは会計パッケージがメイン。
特に固定資産・リース資産の管理などに強み。

買付日 : 2016年8月
数量 : 100株
取得単価 : 613円

今回は第54期株主通信と株主優待について紹介します。

プロシップ_2023

2023年3月期(4Q)
売上高 6,600百万円(△1.3%)
営業利益 1,630百万円(△26.1%)
当期利益 1,299百万円(△18.3%)

減収:受注獲得が当初計画よりも遅延
減益:売上原価、販管費が増加

売上高はパッケージが△4.3%となりました。
上述通り、受注獲得が当初計画よりも遅れたことにより減収となっています。
保守は新規ユーザーの増加などにより増加しています。

原価は一部で高原価の案件が発生した点と開発パートナーの入れ替わりにより増加しています。
販管費は研究開発活動の活発化、DX関連費用や本社移転関連費用の増加によります。

高原価の案件とか、内容聞いてみたくなります。
さぞかし悲惨な話なんでしょう( ̄^ ̄)ゞ

プロシップ_2023②

株主優待はQUOカードです。
私は100株保有、継続保有3年以上で2,000円/年1回となっています。

プロシップ_2023③

次期の業績予想は増収増益となっています。

バージョンアップ対応、新規顧客開拓で増収を見込みます。
改正リース会計基準対応のための新製品開発や採用活動等の投資を増収でカバーします。

プロシップ(東証PRM、3763)の主な指標(2023/7/21現在)
株価 : 1,365円
PER(予想) : 12.11倍
PBR(実績) : 2.60倍
EPS(予想) : 112.76
1株配当(予想) : 50.00円
配当利回り(予想) : 3.66%

株主優待
権利確定月 3月末日
QUOカード
100株以上 継続保有3年未満:1,000円分、3年以上:2,000円分
500株以上 継続保有3年未満:2,000円分、3年以上:3,000円分

総合利回り(予想) : 4.40%
上記は100株、継続保有3年未満の場合


Amazon Prime Dayシリーズ。
今回は食品と日用品です。

スープは良く飲むのでコスパというか量(個数)重視で。
トイレクイックルは金額調整です。

Amazon_2023③
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ