記事一覧

アジュバンホールディングス スタンダード市場を選択

アジュバンホールディングスは美容室経由でスキンケア、ヘアケア、美容機器を販売。
関西地盤。製造は外部委託、ECで育毛剤。

買付日 : 2021年12月
数量 : 100株
取得単価 : 1,075円

今回は第34期ビジネスレポートと株主優待について紹介します。

アジュバンホールディングス_2023②

2023年3月期(4Q)
売上高 4,377百万円(△1.1%)
営業利益 232百万円(△40.4%)
当期利益 403百万円(+2.7%)

減収:安定業績基盤である理美容専売事業が下支にならず
増益(営業利益は減益):減収、販管費増加

理美容専売事業ヘアケアが苦戦しました。
減収の間接要因として営業部員(低経験値)の育成が課題としています。

原価率は+0.2%の改善。
販促活動、物流費用の単価UP、EC事業の広告宣伝等により販管費比率が3.7%増加しました。

投資有価証券の売却により当期利益は増益となっています。

アジュバンホールディングス_2023③

株主優待は自社製品です。
100株で5,000円/年1回となっています。

Re:>>> Basic LineからRe:>>> Shampoo、Re:>>> Treatmentとなっています。
(当社サイトではシャンプー2,530円、トリートメント3,300円)

ネットオークション等での販売禁止と記載あるので留意しましょう。

アジュバンホールディングス_2023

次期の業績予想は増収減益となっています。

理美容専売事業は基幹事業としてグループ売上の下支えとなるべく再構築します。
EC事業は当期は審査に時間を要し広告展開が遅れましたが、次期は挽回を見込みます。

一方でEC販促強化、理美容専売事業の人員強化等で販管費率は更に増加します。


当社はプライム市場の上場維持を諦め、スタンダード市場を選択することにしました。

プライムの流通株式時価総額の基準が100億円のところ、当社は36.4億円ですからね…
ま、仕方ないですよね。

10/20からスタンダード市場に移行することになります。
スタンダードの基準はすべて適合しているとのことです。

アジュバンホールディングス(東証PRM、4929)の主な指標(2023/8/4現在)
株価 : 918円
PER(予想) : 96.43倍
PBR(実績) : 1.72倍
EPS,(予想) : 9.52
1株配当(予想) : 24.00円
配当利回り(予想) : 2.61%

株主優待
権利確定月 3月20日
自社商品
100株以上 5,000円相当
1,000株以上 10,000円相当

総合利回り(予想) : 8.06%
上記は100株の場合


思い出したかのようにポケモンGOをやることがあります。

今回は「リオルふかの日」というイベントがあるということで久しぶりに実施した次第です。
期間中(3時間)は2kmタマゴからりリオルがかえりやすくなる他、色違いもかえりやすくなるというものです。

結論からいうと、孵化したのはほぼコイキング…
なんとか1体リオルとなり、良個体だったので満足。

相方は悲惨は状況でした( ̄^ ̄)ゞ

ポケモンGO_2023②
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ