記事一覧

トヨタ自動車 商品と地域を軸にした経営

トヨタ自動車は4輪世界首位。国内シェア3割超。
日野、ダイハツを傘下。SUBARU、マツダ、スズキと提携。

買付日 : 2021年9月
数量 : 100株
取得単価 : 1,967円

今回は業績について紹介します。

2023年3月期(4Q)
営業収益 37,154,298百万円(+18.4%)
営業利益 2,725,025百万円(△9.0%)
当期利益 2,451,318百万円(△14.0%)

増収:販売台数が増加
減益:資材高騰による

連結販売台数は8,822千台で+7.2%でした。
電動車は2,849千台で+5.4%、構成比は29.6%となっています(こちらは小売の数値)。

以下、営業利益増減要因です。
為替変動の影響:+12,800億円
原価改善の努力:△12,900億円(うち資材高騰△15,450、原価改善+2,550)
営業面の努力:+6,800億円
諸経費の増減・低減努力:△5,250億円
その他:△4,156億円

所在地別で見ると、北米・欧州は大きく落としていますね(日本でカバー)。


次期の業績予想は増収増益となっています。
生産台数は10,100千台と大台を回復する見込みです。

長年続けてきた「商品と地域を軸にした経営」の効果が発現しているとアピールしています。
資材高騰の影響をTPS・原価改善と営業面の努力で取り返すことができるとみています。

為替レートの見通しがかなり保守的なので、上振れすると思います。
既に1Qからその傾向見えますから。

トヨタ自動車(東証PRM、7203)の主な指標(2023/8/18現在)
株価 : 2,349円
PER(予想) : 12.34倍
PBR(実績) : 1.05倍
EPS(予想) : 190.33
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
なし


お盆休みにイクスピアリに行ってきました。
ディズニーランド/シーに行かないのに訪問するのは珍しいことです。

訪問の目的の一つが「GO!GO!LAUNDRY」です。
数少ないリアル店舗です。

店舗限定品があって楽しかったです。
これはセール品、相方が気に入ったので購入しました(私が)。

ちょっとした秘密がある楽しいTシャツです(=゚ω゚)ノ

Laundry_2023③
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ