記事一覧

CARTA HOLDINGS 業績のV字回復なるか?

CARTA HOLDINGSは電通グループ傘下。ネット専業2社が統合。
メディアプランニングや広告配信システムが柱。

買付日 : 2023年6月
数量 : 100株
取得単価 : 1,312円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2023年12月期(3Q)
売上高 17,631百万円(△9.4%)
営業利益 274百万円(△86.7%)
当期利益 △1,531百万円(-%)

減収:予約型広告が落ち込み
減益(赤転):上記によりデジタルマーケティング事業が減益

簡単にいうとデジタルマーケティング事業の業績悪化が最大の問題点となっています。

業績悪化の要因として以下の3点が挙げられています。
①市況の変化 インフレによる広告市況の悪化/予約型広告の急激な落ち込み
②構造的な課題 メディア/プラットフォーマーからのインセンティブが大きくマイナスに
③一時的な要因 大型案件において逆ザヤとなる取引が発生

今後の対策が固定費の削減と営業力・提案力の強化(子会社の統合他)というのが弱いと感じます。
インセンティブに依存しない事業モデルへの転換とありますが、これが実行できるかどうか。


株主優待はデジタルギフト「デジコ」のギフトコードです。
私は100株以上、継続保有3年未満で1,000円/年2回となっています。

CARTA HD_2023

減損損失966百万円、本社移転費用755百万円、特別退職金526百万円を計上しています。
あまり業績悪化すると株主優待にメスが入る可能性もありますし、頑張って欲しいものです。

CARTA HOLDINGS(東証PRM、3688)の主な指標(2023/11/24現在)
株価 : 1,267円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 1.29倍
EPS(予想) : -63.58
1株配当(予想) : 54.00円
配当利回り(予想) : 4.26%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
デジタルギフト「デジコ」において利用可能なギフトコード
100株以上 継続保有3年未満:1,000円相当、3年以上:1,500円相当
※「デジコ」を通じて「Amazonギフト券」、「App Store&i Tunesコード」などのデジタルギフトに交換可能

総合利回り(予想) : 5.84%
上記は100株の場合


先日、会社メンバーの結婚式に出席しました。

やはり結婚式は良いですね~
こちらも幸せのお裾分けをもらった気分になりました(=゚ω゚)ノ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ