記事一覧

ガンホー・オンライン・エンターテイメント グローバル化の結果

ガンホーはスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」が収益の柱。
PCオンラインゲーム、家庭用ゲームも展開。

買付日 : 2014年1月、2014年10月
数量 : 50株
取得単価 : 6,170円

今回は「GungHo Business Report Vol.38」について紹介します。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント_2023④

2023年12月期(3Q)
売上高 97,849百万円(+35.0%)
営業利益 23,560百万円(+18.4%)
当期利益 13,659百万円(+5.6%)

増収:GravityのRagnarok関連タイトルが貢献
増益:YtoYでは減益

当社はグローバル展開の強化を掲げています。
2016年に11.4%であった海外売上比率は23年1-3Qで65.0%まで上昇しています。

地域別で見ると、アジアの売上高が61%で日本を超えています。
一方で今後は北米、その他で売上強化を図る計画としています。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント_2023⑤

というのも伸長しているGravityのRagnarokは議決権の所有割合が59.31%となっています。
そのため最終利益段階では結構外部に流出しています。

この点は留意が必要です。

ガンホー(東証PRM、3765)の主な指標(2023/11/24現在)
株価 : 2,284円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 1.09倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
なし


大正製薬HDがMBOを実施すると発表しています。

上場維持のコストは増大していますし、資金需要がなければ当然考えうる選択肢の一つだと思います。
今後増える可能性があります。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ