記事一覧

ポーラ・オルビスホールディングス 中国の見通し次第か?

ポーラ・オルビスホールディングスは化粧品大手。
高級品のポーラ、通販のオルビスが2大ブランド。

買付日 : 2017年6月
数量 : 100株
取得単価 : 2,999円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2023年12月期(3Q)
売上高 126,739百万円(+5.9%)
営業利益 11,913百万円(+55.4%)
当期利益 9,284百万円(△28.8%)

増収:国内・海外ともに増収
減益(営業利益は増益):費用増加も増収、原価率低減で対応

ポーラはエステやB.Aが伸長し、国内は増収・増益。
海外は想定外の市場環境変化もあり中国大陸が減速、10%の増収となるも想定を下回る状況です。

オルビスは想定を上回る進捗となり顧客数・単価ともに伸長、2桁の増収・大幅増益となっています。
Jurliqueは増収し、3Q単独で損失が改善しました。

当期利益は前年同期の法人税等の減少の反動により減益です。


通期の業績予想に変更はありません。
当面は中国事業の動向を確認する必要がありそうです。

こういった状況を踏まえ、株価は下落トレンドです。
(それでも割高感は拭えないですが…)

もう少し下げれば買い増しして400株にするのも選択肢ではあります。

ポーラ・オルビスホールディングス(東証PRM、4927)の主な指標(2023/11/27現在)
株価 : 1,563円
PER(予想) : 29.81倍
PBR(実績) : 2.06倍
EPS(予想) : 52.43
1株配当(予想) : 52.00円
配当利回り(予想) : 3.33%

株主優待
権利確定月 12月末日
優待ポイント(1ポイント=約100円相当)
100株以上 3年未満: 15ポイント、3年以上: 35ポイント
400株以上 3年未満: 60ポイント、3年以上: 80ポイント
1,200株以上 3年未満: 80ポイント、3年以上: 100ポイント
2,000株以上 3年未満: 100ポイント、3年以上: 120ポイント
※ポイントの繰越有効期限は3年

総合利回り(予想) : 4.29%
上記は100株、3年未満の場合


前回の優待で申し込みしたボディーソープのルージュとブランが届いています。

ブランはナルシス(水仙)を基調に、清廉な花々とグリーンが醸し出すパウダーフローラルの香りだそうです。
細かいことは良く分かりませんが、モノが良さそうであることは間違いないです(=゚ω゚)ノ

ポーラ・オルビス_2023③
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ